民泊JOY

民泊の部屋のタイプはどんなの?いくつもある民泊スタイル

民泊は最近注目されているホテル不足への対処法の一つです。ただ、どこでもホテルのようなサービスを受けられるとは限らず、部屋のタイプには違いがあります。では民泊のタイプにはどんなものがあるでしょうか。

民泊のタイプ

民泊にはいくつかタイプがあり、これらのタイプごとに過ごす楽しさや内容、細かいルールなどが変わってきます。まず気にしたい民泊のタイプとしては、「家主居住型」と「家主不在型」があります。「家主居住型」とは、その民泊施設に家主がいるというパターンで、「家主不在型」は宿泊するための施設に家主が不在の民泊です。

次に部屋の泊まり方ですが、ホテルなどのように一室をそのまま使える上、シャワーやお風呂、トイレなども自由に使える民泊ばかりでなく、一部屋だけ自由に使えるタイプや誰かと同じ部屋で寝泊まりするタイプもあります。

その建物やマンション一室そのものが民泊用という場合もあれば、すでに住んでいる人たちの中で人部屋だけ借りるパターンやベッドだけ借りるというタイプもあるのです。最近では古民家など、特徴的な建物を民泊用に貸し出すスタイルにも人気が集まっています。特徴的な建物なので、普通のホテルや民泊にはすこし飽きてしまったという人にもおすすめです。

それぞれの特徴、楽しみ方

民泊は、どのスタイルを希望するかによって特徴や楽しみ方は変わってきます。まず、その建物やマンションの一室を借りる「家主居住型」の場合は家主との交流が楽しめます。その部屋や家の持ち主がいるわけですから、細かいトラブルや周辺の交通環境・観光ポイントなどについて聞くことができます。

家主がイベントをする場合や食事を提供してくれるタイプもあり、いろいろな体験が楽しめます。比較的セキュリティも高いのがメリットでしょう。

「家主不在型」の民泊では、家の中の施設を我が家のように自由に使えて、比較的自由度が高いのが魅力です。複数の人と一緒に泊まるタイプの場合、とにかく宿泊費が安く抑えられることのほかに、宿泊者同士で交流しやすい傾向があります。自分の部屋にこもることが少なく、自然と人との交流も生まれるでしょう。

歴史のある建物を使った民泊の場合、ほかにはないその建物ならではの雰囲気を楽しめます。中には独特の歴史を持つものもあり、その建物に自然と愛着が湧くこともあるのではないでしょうか。

それぞれの注意点

民泊を利用する場合には、ホテルとは異なるいくつかの注意点があります。まず、「家主居住型」の場合は家主のルールに従わなくてはなりません。細かい気遣いをしたり、門限に制限があったり、家主との相性が気になるなど気を遣うことがあります。

一方、「家主不在型」の場合は自由度が高いもののルールはあり、同じ宿泊者同士でのトラブルも考えられます。特に何かあったときのトラブルにすぐに対応してもらえない場合や困ったときの対応が難しい場合が出てくるかもしれません。

建物やマンションの一室を借りる場合、家主がいることが多いので空いている部屋にお邪魔すると考えるといいでしょう。トイレ・キッチン・お風呂場などは人と共有なので若干気を使うのがデメリットかもしれません

古民家など特徴的な建物の場合、それぞれの建物に特徴がある分、それがデメリットとなりやすい可能性があります。古民家を例にすると、設備が古いことが多く、お風呂がない場合も考えられるのです。建物が古いため、普通に歩いていても音が響くなどのデメリットもあります。

まとめ

民泊はまだ形がしっかり定まっているわけではありません。そのため、ほかにも様々なスタイルの民泊があると考えて良いでしょう。今回はその中でも代表的なスタイルを紹介しました。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP