民泊JOY

ハワイで民泊するならどんなところがおすすめ?民泊ならではのハワイの楽しみ方をご紹介

ハワイは日本人にも大人気のリゾート地で、長期休暇ともなれば毎年のように旅行するという人も少なくありません。家族旅行や友人との旅行が定番化している人にとっては、いつか移住したいとか、小さくてもいいので別荘がひとつ欲しいなどの憧れを持つ人もいることでしょう。

ところが、住み慣れた日本を離れて南の島に移住したり別荘オーナーになる以外にも、現地に溶け込んで暮らすように旅する方法があるのです。なんでも揃ったリゾートホテルではなく、民泊を利用するという方法です。

ハワイにはどんな民泊があるのか

ハワイの民泊施設として人気なのは、キッチンや洗濯機などの生活設備が整った「コンドミニアム」です。街中や海岸沿いなど便利な立地にあり、ホテルでもこうしたスタイルが一般的ですが、客室係やフロントサービス、レストランなどがつかない分、より自然で解放的な暮らしを楽しむことができます

選び方としては、やはりお気に入りのエリアで探すのがいいでしょう。その土地の人になりたい、私もあそこに住んでみたいといった希望がある場合は、まさにそのエリアで探してみましょう。お気に入りの海岸の近くや、大人気のショッピングセンターの近くなどで、快適に過ごせるコンドミニアムを見つけてみましょう。

ハワイならではの民泊や楽しみ方をご紹介

コンドミニアムのような宿泊に適した民泊を探すほか、より現地の生活を知り、コミュニケーションを楽しみたいなら、住宅街の空き家を一軒家として貸している民泊や、ホストの住まいの一室を貸してくれる民泊がおすすめです。ホストが住んでいる一角の民泊なら、まるでホームステイをしたような感覚で楽しむことができます

英語をマスターしたい、自分の英語が使えるかチャレンジしてみたい、現地の暮らしを体験してみたいなどのほか、現地の人との交流を楽しみたいときにもおすすめです。

街中や海岸沿いのコンドミニアムを利用されるなら、自炊にチャレンジしましょう。ホテル利用のときにはレストランをあちこち巡ったり、ホテル内のラウンジで済ませているという人もいると思います。

民泊に泊まるならレストランに食べに行くのではなく、地元のスーパーマーケットや新鮮な食材が集まる市場に出向いて、現地の珍しい食材や新鮮な海の幸や南国フルーツなどを調達し、調理して食べるのがおすすめです。ロコモコ丼やアボカド丼、ワカモーレづくりにチャレンジしてみたり、フルーツを切って山盛りにするだけでも楽しいものです。

民泊に長期滞在が叶うのであれば、現地の人との交流も積極的に楽しみましょう。お友達の輪を広げてホームパーティーをしたり、海岸でバーベキューを楽しんだり、ビーチパーティーなども開くのもおすすめです

また、ハワイでは健康のために朝ヨガのクラスがあったり、フラダンスを教えてくれるところもあるので、朝から精神統一と体のリフレッシュのためにヨガに参加したり、現地直伝のフラダンスをマスターしてみるのもいいかもしれません。

フラダンスにはメッセージ性があり、神聖な気持ちになることや人々の愛も感じることもできるため、心も磨かれます。できれば1週間から1ヶ月ほど泊まりこんで、存分に心身のリフレッシュをして帰ってきたいものです

まとめ

ハワイの民泊で人気なのは海岸沿いや街中にあるコンドミニアムです。コンドミニアムでの楽しみ方は、現地ならではの食材を調達して食事やホームパーティーを楽しむことです。一方、現地の人とより交流を楽しみたいなら、自宅の一室などを民泊にしているタイプでホームステイ気分を楽しみましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP