民泊JOY

こんな民泊には要注意!悪質な民泊はゲストにも危険が・・・

最近、宿泊の新しい形として人気を集めている「民泊」。民泊とは、ホスト(貸し手)がゲスト(借り手)に有償で部屋を貸し出すサービスです。旅館やホテルと比較して安価に宿泊できる場合が多かったり、ホストとのコミュニケーションを楽しめたりとメリットがたくさん。さらに漁業や農業、郷土料理や古民家での暮らしなどの体験ができることも、民泊ならではの特徴です。しかし、こうした民泊体験をエンジョイするためには注意しなければならないことも。それは「民泊施設のなかには、法律に違反している物件が紛れ込んでいるかもしれない」ということ。
今回は、どういう民泊が違法なのか、また違法な民泊を利用するとどんな危険があるのか、ということを解説します。

違法で悪質な民泊ってどういうもの?

まず、「違法な民泊施設」とは、どういうものを指すのでしょうか?そもそも、旅館やホテルといった宿泊施設は、「旅館業法」というルールに則って営業許可を取得したり行政へ届出を申請しなければ営業できません。営業許可なく宿泊施設として建物を運用することは、法律で禁止されているんです。より詳しく言えば、継続的に金銭のやり取りがあったり、宿泊客を広く募集していたりすると、法律的には旅館やホテル扱いになり、営業許可が必要になります。また、民泊施設として提供する物件が賃貸の場合、「転貸可能物件」かどうか、「民泊として利用可」と書いてあるかどうかも確認しなければいけない項目です。

本来、民泊を運用するには営業許可が必要でしたが、手続きや申請が複雑で素人にはわかりにくく、規定が厳しいこともあり営業許可を取らずに民泊を運用する人が続出。「違法民泊」はそうした施設を指して呼ばれ、犯罪やトラブルまで至ったケースも多くニュースやメディアに取り上げられるようになったのです。

違法な民泊にはどんな危険があるの?

違法な民泊を利用することで、ゲストにはどのような危険が考えられるのでしょうか。これまでには「ホストから性的暴行を受けた」、「室内での様子を盗撮されていた」というケースをはじめ、さまざまな事件やトラブルが起こっています。Airbnbなどの民泊サイトを介して民泊をする際は、ホストの詳しい素性を知らずに利用することがトラブルの一因とも考えられます。

しかし、安易に「民泊=危険」と結びつけるのはもったいない!こうしたケースは一部の悪質なホストによるものであり、それ以上に良いサービスをしてくれるホストの方が多いのです。日本では民泊はメジャーな宿泊方法ではないため、ニュースで報道される事件や犯罪でネガティブなイメージを持ってしまいがちですが、海外では民泊を楽しんでいる人のほうが圧倒的に多いのも事実。
宿泊に関して不安なことは何でも直接問い合わせできるのがAirbnbのいいところ。そのためホストとメッセージでコミュニケーションを取りながら、その施設が安心できるかどうかを見分けることが必要です。

違法で悪質な民泊を見分けるには

では、どういうポイントから安全な民泊かどうかを見分ければよいのでしょうか。「こんな民泊は危険!」というポイントと民泊選びに大切なポイントをいくつか挙げてみました。

住所の記載や、建物の外観写真がない物件が危険!

「民泊サイト」には、ゲストが自分に合った部屋を見つけられるように、さまざまな情報が載っています。そこに、住所が具体的に書かれていなかったり、建物の外観写真がなかったりする場合は違法な民泊の可能性があります。それは、違法な民泊を営んでいる人にとって捜査に入られることを避けたいから。そのため建物の場所を知られたくないと思っていることが多いようです。サイトに掲載されている情報が明らかに少ない場合は、注意しましょう。
民泊物件を選ぶときには”スーパーホスト”に認定されている人の物件やレビューを参考にするのがオススメです。

合法民泊のみが掲載されているサイトで再検索してみよう

Airbnbなどのサイトで見つけた物件が合法かどうかを判断するには、合法民泊のみが掲載されている他のサイトで検索し直してみるのも一つの手です。旅館や特区民泊として届け出をしている物件のみをまとめたTATERU bnbSTAY JAPANなどの民泊サイトを利用したり、Booking.comなどの旅行会社系サイトを利用してみるのもよいでしょう。

民泊新法による厳しい罰則で民泊の質の向上に期待

2018年に施行される「住宅宿泊事業法(民泊新法)」により、Airbnbなどの民泊仲介サイトや民泊運用代行業者、民泊ホストに対しさまざまな規則と義務を定め、違反したときには罰則が課せられることになりました。この法案では、これまでより多くの人が民泊を運用しやすくなった反面、Airbnbなどの民泊仲介サイトや運用代行業者の責任が大きくなったのです。これからは大手不動産企業も民泊業界に参入し、個人と企業により民泊業界での競争化が始まるため、悪質な民泊は排除されていく展開が期待できます。

「民泊=安全」なイメージを目指して

物件写真や事前のメッセージなどから、おかしいと思うところがあったらその物件とホストは避けるのが妥当です。必ずしも民泊が安全という保証はないことを意識しておきましょう。違法で悪質な民泊ホストは、全体のごく一部ですが、実際のところこれまでトラブルがなかった民泊物件でも、届け出をしていなかったり違法に営業していたところが多いのも事実。こうした法整備をきっかけに悪質な民泊や違法な民泊がなくなり、誰もが安心して楽しく利用できる宿泊方法になっていくといいですね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民泊JOY

PAGE TOP