民泊JOY

宿泊するならキレイな部屋に!ホテル並みに清潔な民泊施設が増加中のワケ

ここ数年で話題を集めている、新しい宿泊スタイルの「民泊」。ホスト(個人や企業)の所有する空き部屋や空き物件をゲスト(宿泊者)が有償で借りるというシステムです。
民泊はもともと海外で人気の宿泊方法でしたが、今では日本でも広く知られるようになりました。宿泊費を安く抑えられたり、繁忙期でも予約が取りやすかったりと、さまざまなメリットがあるんですよ。
メリットがあるといっても、泊まるのは個人宅の空き部屋。「清潔かどうか」という点が気になりますよね。旅館やホテルではプロが清掃しているため常にキレイな印象がありますが、民泊は主に個人が運用しているので、ホテルなどに比べあまり清潔でないというイメージを持っている人もいるのでは。
しかし!最近では部屋の隅々までキレイにされている部屋が多くなっているんです。そこで、今回は快適で清潔な民泊施設が増えている理由を調べてみました。

企業が参入!ビジネスとしての民泊

民泊はもともと、個人宅の空き部屋を貸し出すサービスとして広まりました。ところが最近では、個人宅だけでなくマンションの一室をまるまる貸し出すケースも増加中。そうしたマンションの物件では、企業が民泊を運用しているケースもあります。企業が運用する民泊施設はビジネスとして確立しているため、できるだけ多くの宿泊者に利用してもらいたいというのがホントのところ。そのため、宿泊客にリピートしてもらったり、良い口コミを広げてもらうために、部屋を清潔に整えることが多いのです。

キレイな部屋が増加中なのは、清掃代行サービスがあるから

キレイな物件が増えているのには、別の理由も。個人が運用している物件でも、プロ並みの清掃を行ってくれるのが「民泊清掃代行サービス」。その名の通り、民泊のホストに代わって部屋の清掃を請け負ってくれるサービスなんです。副業として民泊を営んでいるホストの場合、「本業が忙しくて、丁寧に清掃を行う時間が取れない!」なんてことも考えられます。また、「自分で清掃を行うよりもプロに依頼した方がゲストが気持ちよく過ごせる」という理由から代行サービスを利用するホストも。このように多くのホストが利用しているため、清潔な状態の部屋が増えているんです。
さらに 「民泊清掃代行サービス」は部屋の清掃だけでなく、エアコンのクリーニングや消耗品の補充、タオルのリースなどのサービスが充実しているものも。「ホストは清掃の手間が省け、ゲストはいつでも清潔な部屋に泊まることができる」という、どちらにとっても嬉しいサービスですよね。

ゲストが増える民泊には「清潔・キレイ」は欠かせない!

民泊の利用者が多くなるにつれて、民泊施設の数もどんどん増えています。そこで、ゲストに好かれる民泊施設とそうでない施設には、宿泊者数に大きな違いが表れているのが現状です。 そうなると、ホストは「利用者に気に入られるお部屋」を目指すもの。そしてゲストがお部屋を選ぶ上で重要視するのは、やっぱり「清潔さ」なんです。
ホストもきちんとそのことを認識しているから、清潔な部屋がどんどん増えているというわけなんですね。

いまやキレイな民泊施設が当たり前!?

このように、企業も個人もホストとして提供する部屋の水準があがっているという実情。快適で安心できる宿泊施設の一つとして、民泊もジワジワと人気を高めています。写真よりも見劣る部屋だったら・・・と不安に思うときは、レビューを参考にするのもオススメですよ!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民泊JOY

PAGE TOP