民泊JOY

最近よく耳にする「民泊」ってどんなもの?

長期休暇の季節がやってくると、よく話題になる「民泊」。「民泊って、ホテルや旅館とはどう違うの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、「民泊」の定義や利用方法、メリットをあわせてご説明します!

「民泊」って 、どういうもの?

「民泊」とは本来、宿泊費の有無に関わらず「民家に宿泊すること」を言いました。昔は今とは比較にならないほど宿泊施設が少なかったため、善意で旅行者を泊めてあげる人が多くいたのです。
しかし近年では、「マンションの空き部屋や個人宅の空き部屋にお金を払って宿泊すること」を指して民泊と呼ぶようになりました。より具体的に言えば、「民泊は、個人の家や物件を、有料で宿泊客に貸しだすビジネスのひとつ」であると言えるでしょう。
ところが従来の旅館業法では、個人所有の物件を宿泊施設として貸し出すことは禁止されていました。そして旅館業法の許可申請をしないまま部屋を貸し出すという違法な「民泊業者」が大量に現れ、社会問題となっていたのです。

そうしたことを避けるために、現在では宿泊可能日数等の制限が設けられてはいるものの、正式に民泊として営業できるように法整備が進められています。

民泊の予約は「民泊サイト」を利用しよう

以上のような特徴のある民泊ですが、実はメリットがたくさん。旅行や出張なんかにも気軽に利用できるんです。では「実際に民泊を利用してみたいけれど、どうすればいいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。
民泊が普及した近年では、「民泊施設を探す人」と「民泊施設を提供したい人」とを仲介するインターネット上のサービスを介して申し込むことが一般的です。いわゆる「民泊サイト」と呼ばれる仲介サービスには、サイトによってさまざまな特色があるのです!
たとえば、「STAY JAPAN」は古民家や郷土料理、農業や漁業など、旅先でしか味わえない体験ができる民宿を特集していたり、「TripBiz」は出張などビジネスでの利用に特化した民宿を専門的に扱ったりしています。他にも「Airbnb」、「TATERU bnb」などのサイトが有名ですので、自分に合った民泊サイトを見つけてみましょう!

「民泊」にはどんなメリットがあるの?

民泊は、旅館やホテルといった宿泊施設と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、最大の利点として挙げられるのが「宿泊費用が抑えられる」という点です。立地条件などにもよりますが、民泊を利用することで大幅に旅費を減らすことができる場合があります。また、宿泊施設の予約が取りづらいといわれる、お盆や年末年始などの繁忙期。旅館やホテルは部屋数が限られているので仕方のないことですが、だからといって旅行まで諦めてしまうのはもったいないですよね。 そんなときでも、民泊サイトなら希望の条件に合う素敵な宿が見つかる可能性があるので、旅行を諦める前にぜひ探して見ましょう!
また、宿泊だけでなくその土地ならではの体験ができるのも民泊の大きな魅力。田舎暮らしやサイクリング、ダイビングや街中食べ歩きガイドなど、現地の人がその土地の楽しみ方を教えてくれるさまざまな「体験」ができるのも民泊ならでは。ガイドマップやネットだけではわからないディープな情報・穴場スポットを知って、あなたもツウなツーリストになれちゃうかも!?

旅行の楽しみがぐっと広がる民泊

ここまで「民泊」の定義や利用方法、メリットについて紹介しました。民泊は旅館やホテルと比べて宿泊費が安い場合が多いため、浮いたお金でさらに旅行を楽しむことができます。また、味わい深い古民家や洗練されたオシャレな部屋など、普段とは違うシチュエーションに泊まったり、農業や漁業をはじめさまざまな体験ができたりと、旅行の楽しみ方がぐっと広がる民泊。民泊でひと味もふた味も違う旅行を満喫してみませんか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民泊JOY

PAGE TOP