民泊JOY

民泊運用にかかる費用は?民泊サイトの手数料を比較しよう

この記事の要約動画

「民泊」といえば、Airbnbなど民泊サイトを通して利用するのがメジャーとなっています。
それに従い、民泊を運用するホストもさまざまな民泊サイトを利用して、運営を行っています。
民泊サイトによって手数料やサービスは違い、その特徴もさまざま。安心してゲストに利用してもらうためにも、それぞれのサービス内容をしっかり把握しておかなければなりません。
ここでは、AirbnbとAirbnb以外の手数料とサービスの違いを見てみましょう!

Airbnbの手数料と他の仲介サイトとの手数料


多くの民泊サイトでは、利用する際に手数料が発生します。Airbnb、HomeAway、Flipkeyを例に挙げてみましょう。

Airbnbで定められている手数料について

・手数料の支払はホストとゲストの両方が支払う
・手数料の金額は、ホストは一律宿泊費の3%、ゲストは宿泊費の6%〜12%
・ゲストが支払う手数料は、宿泊費が高額であるほど6%に近くなるシステム
よってゲストにとっては、高額な部屋や大人数での利用がお得ということになります。

HomeAwayで定められている手数料について

・Airbnbと同様ホスト側にかかる手数料は3%
・ゲスト側にかかる手数料はナシ

Flipkeyで定められている手数料について

・ホスト側の手数料は3%
・ゲスト側の手数料は宿泊料の5〜10%

ゲストの手数料を見てみると、HomeAwayやFlipkeyが Airbnbよりも安く設定されていることが特徴です。

このように、民泊サイトによって宿泊費にかかる手数料は異なります。
ゲストが支払う手数料を考慮し、宿泊料金の価格設定をしましょう!

手数料だけじゃなくてサービスも大切!Airbnbと他のサイトの比較

物件を掲載する民泊サイトを選ぶ上で基準となるのは、手数料の割合だけではありません。
広告力や集客力も、ホスト側にとっては大切なポイントですよね。
実は、多くの民泊ホストが最初に利用するAirbnbですが、ゲスト側が支払う手数料は6%〜12%と、他の大手民泊サイトよりも高く設定されています。
宿泊費を設定する際、このゲストが支払う手数料と収益との兼ね合いを考える必要があります。

一方、HomeAwayではゲスト側の手数料は無料!ゲストの負担が少ないので、その分物件の料金に上乗せしたり宿泊料を安くしてお得感を打ち出したりなど、料金設定の自由度が広がります。さらに、「景色が良い」「自然豊か」「伝統的」「豪華」などキーワードを細かく設定することも可能です。
ターゲットのニーズにアプローチできるので、差別化しやすいという魅力があります。

ゲストの手数料がAirbnbよりも安い世界大手のFlipkeyは、日本語サイトがないことが難点。しかし、宿泊口コミサイト世界最大手のTripAdvisorの傘下にあるため、25ものウェブサイトから物件を発信することが可能なんです。そのユーザー数は月間3億4000万人!TripAdvisorが抱える世界中のユーザーにアピールできることは、大きな魅力です。

民泊サイトを利用するために、他に必要な手数料はあるの?


ゲストが支払う手数料として、「清掃費」があります。これは、直接ホストに支払われるもので、民泊サイトに払うものではありません。しかし、収益にも関わってくるものなので民泊サイトの規定をよく把握して設定することが大切です。

また、物件の広告発信に時間がかけられない場合、Airbnb運営代行業者に依頼するのも一つの手段。代行料金は売上の20~35%が一般的ですが、各業者によってサービス内容が違います。いくつかの業者を比較検討し、収益や方向性に見合ったサービスを利用するのが良いでしょう!

民泊サイトの特徴を抑えて、賢く運用を!

日本でも民泊の認識が広がっていることで、民泊サイトの数も増えています。それに伴い、世界中の人々へ自分の物件を気軽に簡単に発信できるようになりました。掲載の際には、手数料の金額を考慮することはもちろん、発信したいターゲットに応じたサービス、収益性も同時に考慮するようにしましょう!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民泊JOY

PAGE TOP