民泊JOY

石垣島での宿泊は民泊やゲストハウスで楽しさ倍増!

この記事の要約動画

沖縄本島から南に400キロメートルの海に浮かぶ八重山諸島。その中心に位置する石垣島にはエメラルドグリーンの海、独自の進化を遂げた生態系、温暖な気候――まさにアイランドリゾートという呼び名にふさわしい大自然が広がります。2013年には新石垣空港が開港し、東京や大阪をはじめ国内外から直行便でアクセスが可能に。2016年には、石垣島の絶景を求めて年間120万人以上が訪れた人気スポットです。
今回はそんな石垣島の絶景スポットやグルメをご紹介。離島の思い出をより濃く楽しいものにするなら、民泊がオススメです!

台湾に近い日本の南国・石垣島

沖縄県下に配される石垣島ですが、実は沖縄本島よりも台湾に近い場所に位置しています。2013年に開港し「南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港」の愛称で親しまれているた新石垣空港。直行便の開通により東京からは飛行機で3時間半ほど、大阪からは2時間45分ほどで簡単にアクセスできるのも石垣島の魅力の1つです。フェリーや高速船を使えば西表島、小浜島、黒島、波照間島などほかの離島へのアクセスも◎。離島観光の拠点として滞在するのも良いでしょう。
また石垣島はリゾート地としてだけでなく、世界でも有数のダイビングスポットとしても人気。アクセスが良くなったことで、従来の島らしい側面であるエメラルドグリーンの海やマングローブなどの雄大な自然を残しつつも、新しいリゾートとしてホテルや商業施設も増えています。

石垣島の気温は?

石垣島の気候は亜熱帯に属するため年間を通して暖かく、一番寒い1~2月でも東京の4月下旬・11月上旬ほどの気温です。そのため天気がいい日は長袖でも暑いほど。冬に訪れる場合は温度調節のできる服装がオススメです。

石垣島の絶景スポットをめぐろう!

石垣島の最大の魅力はサンゴ礁の美しい海、そして手付かずの自然。周囲140キロメートル、南北に40キロメートルの島には数え切れないほどの絶景スポットが。なかでも特にオススメのスポットを紹介します。

川平湾(かびらわん)

国の名勝に指定されるほかミシュランのグリーンガイドで3つ星認定も受けた、石垣島を代表する絶景スポット。グラスボートクルーズで海中景観を楽しんだり美しい夕日が見られたりといった楽しみ方もできます。潮の満ち引きで変化する海の色にも神秘的。

サザンゲートブリッジ

石垣中心地から徒歩圏内、島のシンボル的な存在の橋です。橋を渡ってすぐの場所にある「新港緑地公園」は通称サザンゲート広場と呼ばれ、島の人たちの憩いの場。また猫も多くいるため「猫島」と呼ばれることもあるそう。この橋から望む夕日は石垣市内一とも言われるほどの絶景です。

玉取崎展望台(たまとりさきてんぼうだい)

エメラルドグリーンの海をパノラマビューで一望するならここ!石垣島屈指の景勝地でもあり、「シーサーのしっぽ」と呼ばれる平久保半島も眺められます。駐車場からは徒歩で展望台まで行くことができ、途中の遊歩道には一年中ハイビスカスが咲き誇ります。

野底岳

ハイキング好きな方にぜひ訪れてもらいたい野底岳。頂上からの眺めは石垣島を一望でき、息を呑むほどの美しさです。山頂までは282メートル、およそ45分ほど掛かかるため履き慣れたスニーカーなどそれなりの装備が必要。「野底マーペー」という名で呼ばれることも多く、ここで恋を裂かれたマーペーという女性が山に登って石に変わったという伝説からきているとか。

絶景だけでなく、石垣グルメも堪能しよう!

八重山諸島に浮かぶ石垣島には、独特の食文化や名産品もたくさん。せっかく石垣島へ訪れたなら、食べておきたい石垣グルメもご紹介します。

石垣牛

石垣島の名産品といえば「石垣牛」。もともとこの地域では温暖な気候を活かした牛の畜産業が盛んでしたが、さらに一定の条件を満たしたものだけが石垣牛と呼ぶことを許される貴重な牛なのです。その特徴は脂身がしつこくなくさっぱりとした肉質に、甘みがあり風位豊かな味わい。口溶けも良いため、女性にもオススメです。

八重山そば

見た目は沖縄そばに似ていますが、かつお節ベースのスープであっさりした味と丸い麺が特徴です。豚三枚肉やかまぼこ、島ネギをトッピングするのが一般的。お店によってスープに個性が出るため、食べ比べてみるのもオススメです。

新鮮な魚介類

石垣島の近海は豊かな海の幸に恵まれています。グルクンの唐揚げや魚のマース(塩)煮、エビ料理、海ブドウ、アーサー汁など魚介の味を活かした料理が豊富で、どれもやみつきになるほどのおいしさです。素材だけでなく、調理方法も石垣特有のものが多いため、いろんな料理に挑戦してみると新しいおいしさに出会えるかもしれません。

石垣島ヴィレッジ

2016年に新しくオープンした「石垣島ヴィレッジ」。石垣島の役所などがあるエリアに存在するこの施設はグルメの宝庫。地元でとれた食材などを使った料理を提供する飲食店が一堂に会している場所です。石垣牛や八重山かまぼこ、泡盛、ハンバーガー、タコスなど種類もさまざま。昼からおいしい食事とお酒に舌鼓を打つのも◎!

民泊で、より思い出に残る石垣島ステイにしよう!

石垣島の魅力は美しい景色だけでなく、その土地に暮らす人たちの温かい人柄。現地の人とのちょっとしたやり取りや交流も思い出に残るものです。穏やかで優しいと言われる石垣の人とふれあうなら、ゲストハウスや民泊がオススメです。リゾートホテルに比べて安い料金で利用できるだけでなく、最大の魅力は交流を深められること。
なかでも一般の人の家に泊まる民泊は、家の広さによって一日に宿泊できる人数が決まっているため密な交流ができるのが特徴です。一緒に泡盛を飲んだり食事をしたりするなかで、地元の人しか知らない情報や文化を知ることができるかもしれません。

石垣島の民泊・宿泊施設を探そう!

民泊できる物件はAirbnbHomeAwayなどの民泊サイトから検索・予約ができます。検索結果の一例をまとめたので、石垣島を訪れる際の参考にいかがでしょうか。

【Airbnb】おもてなし上手!?選ばれた人だけがなれる「スーパーホスト」がいる民泊施設はコチラ

【Airbnb】ファミリーにピッタリ!子ども連れOKな民泊施設はコチラ

【Airbnb】民泊でもリゾート気分!朝食付きの民泊施設はコチラ

【Airbnb】グループにピッタリ!4人以上で泊まれる施設はコチラ

【Airbnb】日本語が話せない方も安心!ホストが英語・中国語に対応できる施設はコチラ

【HomeAway】趣ある物件多数!石垣島の宿泊施設はコチラ

体験&交流で旅をもっと楽しく!

絶景やおいしいグルメだけでなく、その土地ならではの体験や人との交流も旅の思い出に残るもの。石垣島を目いっぱい楽しむなら、石垣島でしかできない宿泊ができる民泊がオススメです。ホスト(家主)と一緒にその土地で獲れた魚介類を調理したり、泡盛を飲んだりすることで、普通の旅行では得られない経験がきっとできます。旅の思い出をワンランクアップするなら、ぜひ民泊を利用してみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民泊JOY

PAGE TOP