民泊JOY

浅草を粋に楽しむならゲストハウス・民泊がオススメ!

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メールアドレス” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”ウェブサイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]

東京観光でおなじみのスポットの一つ、浅草。都心とは違う昔ながらの独特な景観や活気あふれる数々の商店街を目的に、世界中から観光客が訪れます。朝から夜までさまざまな楽しみ方ができる魅力たっぷりな浅草エリア。その土地の暮らしが体感できる民泊やゲストハウスで、“江戸”の情緒を堪能してみてはいかがでしょうか?
今回は、浅草の穴場スポットやちょっと変わった体験をご紹介します!

訪れる人を魅了し続ける浅草の魅力とは?

浅草を代表する浅草寺を中心に、その周辺には数々の商店街や演芸場・文化施設が密集しています。下町の情緒を感じられる街並み、活気にあふれにぎわいのある商店街、明るくちゃきちゃきした“江戸っ子”を感じさせる地元の人柄など、さまざまな魅力を持つ浅草。その歴史は長く、浅草の起源は飛鳥時代にまでさかのぼります。江戸時代には徳川家康が浅草寺を幕府の祈願所と制定したために、門前町として繁栄を続けてきました。同時に浅草は演芸など大衆文化の拠点となり、それに伴い多くの飲食店も集まってきたため、今でも人気を集める老舗のお店も多いのだそう。日本三大祭りといわれる三社祭をはじめ、ほおずき市や羽子板市などの祭事も季節ごとに盛んに行われています。

浅草は、30分もあれば電車やバスで都心に行けるためアクセスも◎。上野や東京スカイツリーとも比較的近い距離にあるため、東京観光の拠点にもピッタリです。

定番だけではもったいない!浅草の穴場スポット紹介!

浅草といえば雷門や浅草寺、花やしき、仲見世通り・・・といくつもの有名スポットがありますが、今回はちょっと変わった穴場スポットをご紹介します!

かっぱ橋道具街

浅草と上野の中間に位置し、100年以上の歴史を持つ商店街。調理道具や食器、食品サンプルなどを扱う約70の専門店が、南北約800メートルのエリアに集まっています。プロの料理人が使う器具を一般の人も購入できるため、料理好きな人には特にオススメ。見ているだけでお腹が空きそうなほど精巧につくられた食品サンプルも人気です。キーホルダーやマグネット、ストラップタイプのサンプルも多く、おみやげに買って行く人も多いそう。

浅草地下商店街

地下鉄銀座線浅草駅の改札に直結している浅草地下商店街。戦後の東京では最も古い地下商店街ともいわれ、昭和を思わせるノスタルジックな雰囲気が漂います。ベトナム料理やカレー焼きそばなどのグルメが楽しめるほか、人情味あふれるお店やが多いのも魅力です。普段の表情とは違う、ディープな浅草が見られますよ。

本山東本願寺

葛飾北斎の冨嶽三十六景にも描かれ、明治時代には第一回地方官会議(現在の知事会議)が行われた由緒あるお寺です。法要や年中行事だけでなく年間を通してさまざまな企画も開催され、芸術や交流の場としても一般の人に開かれています。都会の喧騒を忘れて厳かな時間を過ごすなら、朝のお勤めに参加した後に法話が聞ける晨朝(おあさじ)法要に参加してみるのも◎。

浅草文化観光センター

雷門前にある観光案内所。浅草の観光情報をはじめ、無料で利用できるWi-Fiや充電用電源も完備。さらに8階の展望テラスからは雷門や浅草寺、東京スカイツリーがを一望できます。近年急増するインバウンドのために、日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語に対応しているため、浅草観光のスタートに立ち寄る人も多くいます。

朝から夜まで浅草を満喫するなら、宿泊するのがベスト

浅草には朝から夜まで楽しめる魅力が目白押し。例えば、本山東本願寺で朝のお勤めに参加し、昼間は浅草寺の参拝や花やしきへ。またホッピー通りでお酒を飲んだり演芸場で寄席やお笑いライブで笑ったりという楽しみ方も。そして夜は午後11:00頃までライトアップされている浅草寺本堂、五重塔、宝蔵門、雷門を散歩してみると、新たな浅草の表情を見られます。

宿泊するならゲストハウスや民泊がオススメ!

一日をフルに楽しむなら、浅草に泊まるのがオススメ。その際は、ゲストハウスや民泊でお得に楽しく過ごすのはいかがでしょうか。ゲストハウスは多くの旅行者と知り合うチャンスも多いため、日常では知り合うことのない人と交流できる楽しさ、またつながりが広がるというメリットが。
またその土地に暮らす人と交流を深めたい場合は、一般の人の家に宿泊する民泊がピッタリです。また1軒まるまる貸切タイプもあるため、浅草に暮らすように滞在できるというメリットも。
ホテルや旅館に比べお得に宿泊できるのも両方に共通する魅力です。

浅草エリアの民泊施設を探そう!

民泊できる物件はAirbnbHomeAwayなどの民泊サイトから検索・予約ができます。検索結果の一例をまとめたので、浅草を訪れる際の参考にいかがでしょうか。

【Airbnb】下町の一軒屋を貸切で利用できる民泊施設はコチラ

【Airbnb】旅先で交流を広げるなら個室タイプがオススメ!

【Airbnb】格安!5,000円以内で泊まれる民泊施設はコチラ

【Airbnb】グループ旅行にピッタリ!4人以上で泊まれる施設はコチラ

【Airbnb】子ども連れOK!ファミリーにピッタリな施設はコチラ

【Airbnb】日本語が話せない方でも安心!ホストが英語・中国語に対応している施設はコチラ

【HomeAway】繁華街近くの物件多数!夜遅くまで浅草を満喫できる宿泊施設はコチラ

住んでいる感覚を楽しむなら!民泊がおすすめ

浅草は東京の下町風情が残りつつ、観光スポットやグルメも楽しめる場所です。有名スポットを巡るだけでは物足りない、一味違った体験をしたい、と考えているのであれば、民泊やゲストハウスを利用してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民泊JOY

PAGE TOP