民泊JOY

別荘やコテージも利用可な民泊で、長野の自然や歴史を楽しもう!

八方を山に囲まれ、冬には雪が多く降ることで知られている長野。夏にはシーカヤックやトレッキング、冬にはスキーやスノーボードなどのレジャーが楽しめる自然に恵まれたエリアです。これからの季節、ウィンタースポーツを目的に長野を訪れる方も多いのでは。宿泊をするならお得でゆったりできる民泊がオススメです。そこで、長野の魅力とともに民泊を利用するメリットについてご紹介いたします。

美しい自然に恵まれた長野!軽井沢や上高地が有名

野沢温泉や白馬村などの豪雪地帯がある長野県。1998年に「第18回オリンピック冬季競技大会」が開催されたことで、注目を浴びました。また、長野は日本を代表する避暑地、「軽井沢」があることでも有名な地域です。そのため、別荘が多くつくられ、夏を快適に過ごそうと各地から多くの人々が軽井沢を訪れています。平均寿命が長い県としても有名で、その暮らしぶりや食生活などにも関心が集まっています。

山や川などの自然に恵まれたエリア

長野の大きな魅力は、山や川など、自然が織り成す美しい景勝地がたくさんあること。特に日本屈指の山岳リゾート「上高地」や絶景を楽しみながらドライブできる「美ヶ原」、夏にはプロジェクションマッピングが行われる「白糸の滝」など、有名スポットがたくさん。
景色だけでなく、自然を満喫できるレジャーも。登山やハイキングはもちろん、川でラフティングをしたり、高原でパラグライダーを楽しんだりすることもできます。景色や楽しめるレジャーが季節ごとに違うことも魅力の一つです。

東京や名古屋から長野へ向かう方法とは?

東京から長野に向かう場合、北陸新幹線や高速バスを利用する方法があります。お盆や年末年始などに限られますが、「ムーンライト信州81号」という夜行列車を利用することもできます。名古屋から長野までは、「JR特急ワイドビューしなの」を利用して行く人が多く見られます。長野駅や松本バスターミナル行きの高速バスも運行しています。

温泉・歴史・自然!内陸だからこそ魅力たっぷりな長野県

海に面することなく、山と河川に恵まれた長野県。北海道、岩手、福島に次いで全国4位の面積の広さを誇ります。長野県は「北信(長野)」「東信(上田・佐久)」「中信(松本)」「南信(諏訪・飯田)」エリアに分けることができ、それぞれのエリアに異なる特徴や魅力がぎっしりと詰まっています。

北信エリア

県庁の長野市が位置する北信エリア。新潟県に近い奥信濃の地域は豪雪地帯なため、スキー場やゲレンデが密集しています。“野沢菜”で有名な野沢温泉もあり、温泉街には13カ所もの公衆浴場(外湯)が点在。天然温泉100%掛け流しの「外湯」は昔から地域の人の交流の場でもあり、観光客も気軽に入浴できます。奈良時代に発見された渋温泉も人気の温泉スポット。どちらも温泉街をブラブラしながら湯めぐりが楽しめるのが魅力。
また、長野といえば善光寺。長野駅から徒歩で行けるため、長野観光の際はぜひ立ち寄りたいところ。「どんな人の願いも叶う」といわれており、本堂は国宝にも指定されています。真っ暗な回廊を壁伝いに歩き、“極楽の錠前”に触れることで極楽浄土が約束されるという「お戒壇めぐり」も有名。さらに、樹齢300年を越える巨大な杉並木がまっすぐ続く景色で有名な戸隠神社も長野から車で1時間ほどで行くことができます。

東信エリア

避暑地の代名詞でもある軽井沢が位置するエリア。手作りのパンやジャム、ソーセージ、ご当地ワイン、和雑貨やファッション小物など、グルメやショッピングが楽しめる旧軽井沢銀座は一度は訪れたいスポットです。また自然景観を楽しむなら白糸の滝へ。高さ3メートル、幅70メートルにもわたり清流が流れ落ちる様は圧巻。新緑や紅葉、雪など季節ごとに美しさが変化するのも魅力です。

中信エリア

1998年に行われた長野冬季オリンピックでジャンプ競技が行われた白馬ジャンプ台をはじめ、多くのスキー場が集まる白馬村。夏は登山、冬はウィンタースポーツを目的に多くの観光客でにぎわいます。また国の特別名勝、当別天然記念物などに指定されている上高地は、空にそびえる穂高連峰や鏡のような湖沼の数々など歩くたびに絶景と出会える山岳リゾートです。そして、車やバイクで訪れるなら絶対走りたいのが美ヶ原ビーナスライン。日本一高く広い高原でもある美ヶ原高原を通る約75キロメートルの観光道路で、その最高地点は標高1,920メートル。まるで天空を走っているような爽快な気分を味わえます。
そして長野市に並ぶ都市でもある松本市のシンボル松本城は、全国でも5つしかない国宝の城(国宝5城)の一つにも指定されています。松本市内には国内でも屈指の長い歴史を持つ旧開智学校や約1000年もの歴史を持つ浅間温泉など、歴史的施設が多いエリアとしても人気。

南信エリア

新州最大の湖でもある諏訪湖や駒ケ岳のある伊那地方を含むエリアです。冬の諏訪湖では、凍った湖面に亀裂が走りせりあがる“御神渡り(おみわたり”や弧を描かない“水平虹”などの珍しい現象が見られることも。また7年に一度開催される諏訪大社の「御柱祭り」は、日本三大奇祭の一つとしても有名です。
また約2万年前に形成された氷河地形の千畳敷カールは駒ケ岳ロープウェイで登ることができます。新緑や紅葉、樹氷などいくつもの魅力を持ち、登山や写真を趣味にする人が多くリピートする人気スポットです。そして「日本で最も輝いて見える場所」として環境省に認められたヘブンスそのはらから見る冬の星空は、一度は訪れたい場所としても注目されています。

長野に泊まるなら、特別なシチュエーションが味わえる民泊を!

普段は使っていない部屋や家を貸し出す民泊。都心などではアパートやマンションの一室などを貸し出していることが多くありますが、長野では軽井沢などの別荘地の物件が多いという特徴が。また、湖のほとりのコテージなど素敵なシチュエーションで過ごせる物件もたくさんあり、別荘やコテージを民泊として貸し出しているケースも珍しくありません。日常ではなかなか利用できない場所に泊まれることも、長野の民泊を利用する大きなメリットです。

まるで長野に住んでいるかのような気分に

まるでその土地に住んでいるかのような気分を味わえる民泊。「松本城の城下町で生活したい!」という希望も、民泊なら叶えることが可能です。松本城の近くには、すてきな古民家から便利なアパートまでさまざまな民泊があるため、ニーズに合った場所を探すと良いでしょう。地元のスーパーで、地元の食材を購入するなど、その土地ならではの生活を楽しめることも魅力です。

別荘も利用可能な民泊!自然のあふれる長野ですてきな時間を

上高地などの絶景スポットが幾つもある長野。スキーやカヤックなど、四季それぞれのレジャーが楽しめます。また、別荘地が多い長野では、山の中にあるコテージや湖のほとりにある別荘など、いろいろな民泊が利用できます。「Airbnb」で長野の素敵な民泊を見つけて、特別な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

長野でさまざまなシチュエーションの民泊施設を探そう!

民泊できる物件はAirbnbHomeAwayなどの民泊サイトから検索・予約ができます。検索結果の一例をまとめたので、長野を訪れる際の参考にいかがでしょうか。

【Airbnb】善光寺近く!長野駅周辺の宿泊施設を探そう
【Airbnb】温泉地の物件多数!北信エリアの宿泊施設はコチラ
【Airbnb】別荘で過ごす気分に!軽井沢の宿泊施設はコチラ
【Airbnb】豊かな自然に囲まれて過ごそう!東信エリアの宿泊施設はコチラ
【Airbnb】観光に便利!松本市の宿泊施設はコチラ
【Airbnb】上高地へのアクセス◎な物件も!中信エリアの宿泊施設はコチラ
【Airbnb】レイクビューの物件も!?諏訪湖の周辺に泊まれる施設はコチラ
【Airbnb】朝早く千畳敷カールに行くなら近くに泊まろう!駒ヶ根周辺の宿泊施設はコチラ
【Airbnb】名古屋や東京からのアクセスも◎!南信エリアの宿泊施設はコチラ

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民泊JOY

PAGE TOP