民泊JOY

歴史ある温泉街・箱根を民泊で楽しもう!東京からのアクセスも◎

2017年のはじめに発表された全国の「人気温泉地ランキング」。日本屈指の温泉街「箱根」は11年間連続1位という偉業を達成しました。箱根は東京から約2時間でアクセスができる立地の良さも人気の一つと言えるでしょう。ここでは、そんな有名な箱根の魅力とオススメスポットを紹介します。また宿泊は旅館やホテルも素敵ですが、ひと味違う体験をするなら「民泊」を利用してみてはいかがでしょうか?

疲れを癒す温泉街「箱根」ってどんな場所

箱根は神奈川県西部に位置し、箱根峠に一体に広がる温泉街です。また、毎年お正月には箱根駅伝が開催されることでも有名。
箱根の歴史は古く、江戸時代にまでさかのぼります。江戸時代には東京の日本橋を基点に各方面へ伸びる“五街道”と呼ばれる道があり、箱根はそのうちの一つ「東海道」要衝として多くの人々が行き交いました。とくに箱根の中心部である湯本へ至る道は険しく、「箱根の山は天下の険」とも歌われたほど。旅人たちはその疲れを温泉に浸かり癒したといわれています。
そして、交通手段が発達した現代でも箱根は日本屈指の温泉街として人々に愛される地となっているのです。

新宿から乗換えなし!箱根へのアクセスは?

神奈川と静岡の境目に近い箱根は、関東からのアクセスもラクラク!新宿駅発の小田急ロマンスカーを利用すれば、箱根湯本駅まで乗換えなしで約85分、新幹線か在来線で小田原駅まで行き、箱根登山線に乗り換えるという方法も。
大阪や名古屋の東海方面からも同様に、小田原駅で乗り換えて箱根登山線で箱根湯本駅まで行く方法、また三島駅から元箱根港まで東海バスオレンジシャトルを利用する方法があります。

箱根のオススメスポット

温泉だけでなく、観光スポットとしても人気の箱根。芦ノ湖や大涌谷などの大自然、彫刻の森美術館をはじめとするアートスポット、宿場町の面影を残すレトロな雰囲気など、さまざまな魅力が。なかでも箱根を訪れた際は絶対に訪れておきたいオススメのスポットを紹介します。

芦ノ湖(あしのこ)

箱根を代表する景勝地として有名な芦ノ湖。箱根の中心地「湯本」から少し距離があることもあり、自然を満喫したい人にもぴったりの落ち着いた場所です。晴れた日には遠くに富士山を望むことができ、特に南岸の杉並木街道から見える“逆さ富士”は箱根の絶景の一つにも挙げられます。

箱根神社

800年もの歴史を持つ杉並木が並ぶ参道を抜けて到着する箱根神社。箱根屈指のパワースポットともなっており、安産、出世、恋愛、健康など多くのご利益を受けられるといわれています。また、箱根の伝統工芸でもある“寄木細工(よせぎざいく)”でつくられたお守りなど、ここでしか買えないグッズにも注目です。

大涌谷(おおわくだに)

大涌谷は火山活動によってつくられた噴気地帯。火山活動が活発になると入場制限が設けられることがあるほど大地の息吹や迫力を感じられるスポットです。大涌谷が近づくにつれてツンと鼻をつく硫黄の匂いが漂い、モクモクと立ち上る白い湯気が。自然のダイナミックさを全身で感じることができます。
そして、大涌谷で外せないのが「黒たまご」。大涌谷の地熱と火山ガスを利用してできる黒たまごは、食べると寿命が延びると古くから伝えられています。見た目のインパクトだけでなく、味も◎!おみやげとしても人気の箱根グルメの一つです。

彫刻の森美術館

70,000平方メートルにもなる広大な敷地に彫刻やアート作品が点在しているため、一日を通して楽しむことができるスポットです。箱根の大自然を満喫しながら芸術作品に触れることができるのが大きな魅力。子どもが遊べるエリアもあり、ファミリーにも人気の美術館です。ピカソの作品を展示するピカソ館や天然温泉の足湯もあり、美術に詳しくない人でも十分楽しめます。
また、箱根はさまざまなアートにふれられる美術館が集まっているエリアでもあります。日本の陶磁器を展示する「箱根美術館」やラリックのガラス作品やジュエリーで人気の「箱根ラリック美術館」、印象派や西洋絵画を中心に扱う「ポーラ美術館」など、アートを目的に箱根を訪れる人も多くいるそう。

箱根旅行に行くなら民泊に泊まってみよう!

箱根には数多くの旅館、ホテルがあります。箱根旅行といえば、温泉付きの豪華な宿泊施設を思い浮かべる人もいるでしょう。しかし、そんな箱根だからこそ「民泊」がオススメです。

民泊がオススメの理由とは?

観光地である「箱根」のホテルは、どうしても高額になりがちです。また、連休などはなかなか予約が取れないこともあります。そんなときに民泊という手段を利用することで、安くおトクに箱根に滞在することができるのです。民泊として貸し出されている物件は、マンションやヴィラを一軒貸切というタイプが増えています。そのため、ホテルの代替に利用する人も。ファミリーでもグループでもカップルでも、ほかの人に気を遣うことなくゆっくり過ごせるのが魅力です。
また、日帰り入浴が可能なホテルや旅館の温泉も多いため、民泊しながら箱根の醍醐味である「温泉」を満喫することもできます。観光地だからこそ、あえて民泊を利用することで、いつもとの違う新しい箱根を発見できる旅になるかもしれません。

箱根で民泊できる施設を探そう!

民泊できる物件はAirbnbHomeAwayなどの民泊サイトから検索・予約ができます。検索結果の一例をまとめたので、箱根を訪れる際の参考にいかがでしょうか。

【Airbnb】天然温泉付き物件も!1軒貸切の宿泊施設はコチラ
【Airbnb】ファミリーにもピッタリ!子ども連れOKな宿泊施設はコチラ
【Airbnb】グループ旅行に◎!4名以上で宿泊できる施設はコチラ
【Airbnb】日本語が話せない方でも安心!英語・中国語に対応可能なホストの施設はコチラ
【HomeAway】キレイでオシャレな物件多数!箱根周辺の宿泊施設はコチラ
【HomeAway】景色に自信あり!箱根周辺の宿泊施設はコチラ

民泊で、歴史ある温泉街に暮らすように滞在してみよう!

古くからの歴史を持つ温泉街として、今も人気の観光スポットである箱根。自然や温泉、美術館、伝統工芸などさまざまな魅力が国内外の観光客を魅了し続けています。
泊まりで箱根を訪れるとなると、温泉付きの旅館やホテルに宿泊するのがメジャー。しかし、たまには趣向を変えて民泊をしてみるのもオススメです。誰にも気兼ねせずにのんびり過ごしたり、新しい箱根の魅力に出会えるかもしれません。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民泊JOY

PAGE TOP