民泊JOY

滋賀県の魅力は琵琶湖だけじゃない。民泊で滋賀を満喫しよう

琵琶湖と山並みに囲まれた滋賀県には、数多くの歴史遺産が遺されています。その文化を身近に感じるために、宿泊先を民泊にして、リーズナブルに本物の滋賀県を感じる旅を計画してみませんか?日本の真ん中あたりに位置する滋賀県の魅力に出会える旅になるように、綿密に計画を立ててみてください。

滋賀県ってどんな場所?


滋賀県は日本で一番大きな湖である『琵琶湖』を中心に抱くような形で存在しています。気候は内陸性で温暖ですが、北部は日本海側の気候で冬場は積雪が観測されるほどです。同じ滋賀県内でも、太平洋側と日本海側で気候に差があります。琵琶湖では水泳場が湖岸に開かれています。琵琶湖は湖ですが、漁港が多いのも特徴です。

滋賀県では中世から近代にかけて、『近江商人』たちが活動していた背景もあり、勤勉の象徴である彼らにならって日本経済に貢献した県民が多いのが特徴です。また、近畿地方の水がめとも言われる琵琶湖はあまりにも有名で、自然の資源も豊かで歴史深い寺社仏閣も多いのも特徴です。関東地方から滋賀県に行くためには京都駅まで新幹線で乗り入れてそこから電車に乗り換える方法が一番のアクセスです。

滋賀のオススメスポット

琵琶湖

琵琶湖の大きさは約670平方キロメートル、周囲は241キロメートルという長さで、日本の湖の中では最大級の大きさを誇ります。関西の一級河川の117本もの川が流れ込んでいる琵琶湖には、五万羽の水鳥が訪れます。水の美しさゆえに、水鳥たちが集まるのでしょう。

琵琶湖には琵琶湖八景と言われる場所があります。高松市の海津大崎の岩礁、大津市の雄松崎の白汀、比叡の樹林、瀬田・石山の清流、長浜市の賤ヶ岳の大観・竹生島の沈影、彦根市の彦根の古城、近江八幡市の安土・八幡の水郷です。遊覧船に乗って巡ると琵琶湖八景を身近に感じることができるでしょう。

黒壁スクエア

長浜市には土蔵や町屋が江戸当時の姿のまま立ち並ぶ街があります。伝統的建造物群を生かしたこれらは、『黒壁スクエア』と呼ばれるガラス工芸が盛んな長浜市が興したものです。最近では滋賀県観光の中でも有名なスポットとなり、年間300万人もの観光客が訪れる人気の観光地です。黒壁スクエアでお土産を購入する時間を作っても良いでしょう。観光客の多さは滋賀県の観光地の中でもトップクラスです。

延暦寺

最澄が比叡山に開いた天台宗の総本山。標高848メートルの比叡山の全域が延暦寺の境内になっています。比叡山では厳しい修業が行われており、格式の高さがうかがい知れる寺です。比叡山山頂には東塔・西塔・横川というエリアがあり、これらを総称して延暦寺としています。延暦寺の東塔エリアには根本中堂という場所があり、まずはこの場所を目指しましょう。根本中堂付近には観光スポットとして、店もありお土産を購入することもできます。
阿弥陀堂は特に神聖な場所で、僧侶たちが南無阿弥陀仏を唱える声が聞こえてきます。その張り詰めた空気から夏でも暑さを感じないほどだとか。不思議で崇高な空気が夏の暑さを跳ね付けてしまうほどのオーラを放っているのかもしれません。

おごと温泉

比叡山の門前町に隣接する場所にある、古い歴史を持つおごと温泉。霊泉が湧く温泉といわれ、長年多くの人に愛されています。比叡山のおひざ元に広がる温泉として人気の温泉地です。滋賀観光の際には、お湯に浸かってゆったりと旅の疲れを癒してもいいでしょう。

メタセコイア並木

滋賀県高島市、マキノ高原に向かって伸びている2.4キロのメタセコイアの並木道も有名な観光スポット。まるで映画のセットのように美しい場所として人気を集めています。1年を通して姿を変え、素晴らしい風景が見られる場所として多くの観光客が訪れます。

滋賀で民泊を利用するメリットとは?

滋賀県には宿坊のようなスタイルから、一般の民家を利用するスタイルまで、さまざまな形式の民泊があり、自由に選ぶことができるのも民泊のメリットです。観光スポットや立ち寄りたい場所に近い民泊を選ぶと移動もスムーズで、コストを抑えた滋賀県旅行が実現できますよ。民泊施設はAirbnbHomeAwayなどの民泊サイトを利用して探すことができます。立地やアメニティ、宿泊料金などいろいろな条件を付けて検索できるため、お気に入りの物件が見つかるかもしれません。

民泊で滋賀県観光を効率的に楽しもう!

滋賀県を旅するとは、まずは宿泊先を決めて効率よく旅行の計画を立てるのもいいでしょう。民泊を利用することで宿泊代を抑えることができ、その分滋賀県のご当地グルメをお腹いっぱい楽しむなど、有効的なお金と時間の使い方が可能です。季節ごとに変わる滋賀県の情景を楽しむ旅を自分の思いのまま計画をして、堪能してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP