民泊JOY

民泊するならTripBiz(トリップビズ)!利用企業の3つのメリットとは?

「TripBiz(トリップビズ)」のサービスとは

TripBizは「ダイバージェント株式会社」が運営する日本初のビジネス出張者専門の民泊仲介サイト

民泊物件のオーナーと、出張宿泊費を抑えてスムーズかつ快適な出張対応をしたい企業とをマッチングをするサービスを提供しています。

ユーザーがTripBizによる事前の審査をクリアした日本の企業に限定されているため、宿泊利用に伴うゴミ問題や家財の損壊、騒音や近隣住民との摩擦といった民泊ならではのトラブルを防ぐことができます。

また、物件オーナーが安心して民泊ビジネスを始められる環境は民泊事業全体の促進につながり、提供される施設が増えれば利用する企業側にとっても良質な宿泊先の選択肢が増えるというメリットも期待できます。

TripBiz(トリップビズ)の基本的な特徴と利用する3つのメリット

日本は観光立国を推進しており、2020年の東京オリンピックも控えて外国人旅行者の誘致が盛んです。

中国をはじめとするアジア圏からの外国人旅行者も急増していますが、そうした状況で都心部や人気の観光スポットがあるエリアを中心に、既存ホテルの宿泊予約が取りにくくなり、宿泊料も高騰傾向にあります。

出張でビジネスホテルを利用していた企業にとっては、宿泊料がアップして経費がかさむだけでなく、そもそも希望の日にホテルの予約が取れません。

周辺の旅館やホテルを全て当たっても満杯で、出張の目的地からだいぶ離れたところでようやく予約が入れられるといった状態も生じているのです。

しかし、TripBizを使うことで全国各地にある空き家や空きマンションなどを民泊として利用できるようになり、宿泊先の選択肢が広がるだけでなく料金も安く抑えられるというメリットが生まれます。

TripBizの審査基準をクリアしてユーザー登録をした企業は、希望条件に従って宿泊先を検索したらその場ですぐに予約できます

宿泊先のホストとはチャットメッセージを使って問い合わせや相談が可能で、企業の「マイページ」上では出張する自社の従業員の管理もできるようになっています。

利用企業にとってのメリット① 出張コストの削減

東京、大阪、福岡などを中心に大都市圏では出張の機会が多く、そのほかの地方に比べると宿泊料金も高いため経費を圧迫しがちですが、TripBizの民泊を利用することで出張時の宿泊コスト削減に繋がるメリットがあります。

また、一般的な住宅の民泊施設にはキッチンや洗濯機などの生活家電が備わっている物件も少なくないので、あらかじめ設備を確認して手配することで、食費やランドリーといった間接費を軽減することにも繋がります。

とくに長期出張の場合には自宅のように寛げる居住空間でゆっくりその日の疲れを取りたいというビジネスパーソンも多いことでしょう。

民泊なら一般の宿泊施設よりも自由度が高いので、週末には家族を呼んで一緒に過ごすといった使い方も可能となり、長期出張者特有のストレスからも解放されます。

さらに数名での出張の場合、部屋数が多いマンションや一軒家を借りることで個々にホテルのシングルルームを予約するより経済的なので、経費も大幅に抑えることができます。

利用企業にとってのメリット② 快適な宿泊施設の提供

チェーン系ビジネスホテルのシングルルームは非常に狭く、出張者がリラックスできない、快適に眠れないといった不満も少なくありませんが、民泊なら広々としたベッドルームや充実の生活設備が整った物件も多数揃っています

たとえば、複数名の出張者が一軒の民泊施設を活動拠点として利用する場合には、それぞれ個室を使いながらダイニングやリビングルームなどの共有スペースで飲み会をしたり、仕事のミーティングなども開けて便利です。

ゆとりのある空間は、出張だけでなく研修や懇親会の利用、全国各地での展示会の開催、新規店舗の立ち上げ時などにも使い勝手が良いでしょう。

利用企業にとってのメリット③ 面倒な経費精算が不要

これまでの出張では出張者の立て替え払いと出張後の経費精算が必要で、出張者にとっても企業の経理担当者にとっても面倒な作業となっていましたが、TripBizを使えば事前に登録した会社のクレジットカードで決済するので、現地での宿泊料その他の付随費用の立替払いと経費精算の手間を省けます。

ビジネスゲストに嬉しいTripBiz(トリップビズ)で民泊しよう

TripBizはビジネスユースに特化した民泊サービスで、基準をクリアした日本企業と民泊オーナーとの間で安心のマッチングを提供しています。

ゲストとして利用する>企業にとっては宿泊施設のスムーズな確保と宿泊費の軽減、経費精算カットなどのメリット

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP