民泊JOY

エアトリ民泊を利用したら安心して民泊ができる理由はどこにあるのか?

ユーザーとして民泊を利用するときに心配な点といえば

「民泊」とは、国や自治体の認可を受けたホスト(建物の所有者)が一時的に施設を提供するという宿泊のスタイルです。ホストは空き物件や使っていない部屋をゲスト(宿泊客)に使ってもらうことで収入を得ることができますし、ゲストはサービスの行き届いたホテルや旅館を利用するよりも安い料金で泊まれたり、家を一棟丸ごと借りたりすることもできます。

施設に備えられたキッチンやお風呂などの設備を、まるで自宅にいるかのような感覚で使えるのが魅力です。とはいえ、こうしたCtoC(個人間取引)による宿泊では価値観の相違によるトラブルが付き物なので、仲介してくれる民泊紹介サイトは間違いのないところを選びたいものです。

民泊の利用を検討する多くのゲストユーザーが心配な点は、日本ではまだ先例の少ない民泊というシステムを利用することよって思わぬトラブルに巻き込まれた場合に、きちんとしたフォローが受けられるのかという点ではないでしょうか。

安心して利用できる理由があるところを利用する

「エアトリ民泊」は「特区民泊及び簡易宿所登録物件」の民泊施設のみを集めて掲載している民泊予約サイトで、運営しているのは、国内航空券の売り上げでは最大手のオンライン旅行会社「エボラブルアジア(EVOLABLE ASIA)」です。

「ユーザーファースト(顧客最優先)」を行動規範に掲げ、急成長を続けているいま注目の企業なので、まず安心して利用できそうです。 「エアトリ民泊」自体は、テレビCMでもおなじみになった「エアトリ」の民泊施設専門予約サイトという位置づけで、旅行には欠かすことのできない国内・国際航空機の航空チケットを宿泊といっしょに手配できるサイトとして人気をあつめています。

トラブルに巻き込まれないことが大事!ユーザーが民泊を利用する上で注意するべきことを知ろう

近ごろの民泊ブームにより日本各地で多種多様な施設が誕生していますが、民泊業界全体では必要な届け出を出していなかったり、予約を入れたゲストにしか所在地が知らされず犯罪の温床となっているような施設も少なくないのが実情です。 その点、「エアトリ民泊」にはユーザーの相談に乗ってくれるカスタマーサポートサービスがあり、万が一のトラブルにもしっかり対応してもらえるので安心できますが、最低限の防犯対策は各自で心がけましょう。

たとえば初めて利用する施設では、できるだけ暗くならない時間にチェックインして建物内部や周囲の環境を確認しておくと安心です。また、民泊はホテルや旅館とは違って住宅地の中にある施設も多いため、ゲストユーザーが騒音やゴミの問題などで近隣住民の生活に悪影響を及ぼすようでは、トラブルの火種となるばかりか日本に民泊文化が根付くことすら難しくなるでしょう。

民泊を利用しての滞在で思わぬトラブルに巻き込まれないためには、悪質なホストを見分けて健全な運営が行われている施設を利用することはもちろん、その地域の住民生活に十分配慮することが大切です。

まとめ~とにかくエアトリ民泊~

民泊はこれまでにない新しいビジネスだけに、初めて利用するときには不安を感じることもありますが、それだけで民泊の楽しみを諦めてしまうのは少し勿体ないかもしれません。

まずは複数の紹介サイトを見比べて信頼のおける会社を選び、利用規約をよく読んでから会員登録をしてみましょう。「エアトリ民泊」なら安心して利用できる合法施設だけが掲載されており、知名度があってカスタマーサービスも整っています。ユーザーの疑問に答えてくれる体制も整っていますので、納得の上で利用することができるでしょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP