民泊JOY

エアトリ民泊でいざ民泊!鍵はどうやって受け取ればいいの?

民泊でよく行われている鍵の受け渡し方法

民泊はホストと呼ばれる宿泊施設のオーナーがおり、その人の住まいの一角や所有している建物を貸し出すシステムです。

ホテルや旅館などとは異なりフロントでのチェックインという概念が通常なく、どうやって鍵を受け取るかが問題になります

ホストが住んでいる住宅を借りる「家主居住型」民泊では、ゲストが直接訪ねて行けばホストと会えるので問題ありませんが、ホストが建物に住んでいない「家主不在型」の場合には時間や場所を決めて待ち合わせをしたり、住宅の郵便受けを使って暗証番号で取り出すなどの方法が採られていました。

2018年6月から「民泊新法」が施行されたことで、オーナーは対面または対面に準ずる方法で鍵の受け渡しを行い、かつ本人確認書類の提示などによる本人確認をしなければならなくなりました。

そこで最近は、コンビニが提供するサービスを使って本人確認を行い、民泊近くの店頭で鍵の受け渡しをするオーナーも増えています。

エアトリ民泊の場合、施設ごとに鍵の受け渡し方は異なっています

どのように受け取るかは、予約通知メールや会員登録したマイページから予約の詳細を確認することで分かります。

予約メールの再送はしてもらえないので、誤って削除することのないようにしましょう。会員登録をしておけば予約内容がマイページ上でも確認できます。

鍵の受け渡し時に起きやすいトラブルについて知っておこう

ホストと待ち合わせて鍵の受け渡しを行う場合、決められた時間を守らなければホストを困らせることになります。

待ち合わせに遅れそうな場合はすぐホストに連絡を入れるようにしましょう。

不案内な土地では道に迷う可能性も考えて、なるべく余裕を持って行動することが大切です。

民泊新法の施行に伴って民間企業に管理を委託するホストも増えているため、今後は鍵の受け渡しに関するトラブルも減っていくことが期待されています。

なお、鍵を受け取った後はその管理を徹底しましょう。万が一、鍵をなくした場合は、鍵とロック交換のための弁償をしなければならないケースがあり、エアトリ民泊でもルールを定めているホストが少なくありません。

民泊のチェックイン時に注意しなければならないことは?

民泊のチェックイン時には、パスポートや運転免許証などの本人確認書類の提示が求められるので必ず携帯しましょう。

また、予約した人と利用者が一致しない場合は入室できないので注意しなければなりません。

予約後に宿泊代表者名を変更したい場合には、エアトリ宿泊のマイページより変更が可能です。

ただし、会員登録せずに予約を入れた場合には予約内容の変更ができないため、いったんキャンセルして新しい代表者名で予約を取り直さなければならないので注意が必要です。

エアトリ民泊で予約したら鍵の受け渡し方法を事前に確認しておこう!

エアトリ民泊ではホストやその民泊施設ごとに鍵の受け渡し方法が定められています。予約後に贈られてくる確認メールをよく読んで、宿泊が終わるまで削除してしまわないようにしましょう。

会員登録して予約をした場合には、マイページ上でも予約詳細を確認できます。鍵の受け渡しで不安がある場合は宿泊前に事前にホストと連絡を取り合い、よく打ち合わせをしておきましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP