民泊JOY

日本を感じるエアトリ民泊!支払いタイミングや予約後の流れは?

エアトリ民泊の予約完了のタイミングはいつ?

近年、民泊が大人気なのは、日本らしい建物に宿泊して日本人の暮らしを体験したい外国人旅行客が多いことが一番の理由です。

「エアトリ(AirTrip)民泊」は民泊だけでなく、航空券の予約や手配などを総合的に行える旅行プラットフォームで、特区民泊および簡易宿所登録物件だけを掲載していることから、安心して利用できるのが大きなメリットとなっています。

そんなエアトリ民泊を使うにあたって気になるのが、気に入った民泊施設が見つかった際の予約に関する手続きです。

エアトリ民泊で泊まりたい施設を予約するには、まず公式サイトの「マイページ」から「仮予約」を行い、部屋を確保するためにカードで支払いまで完了させておきます。

ホストが予約リクエストを承認し、その情報がエアトリに報告された時点で予約が成立となります。

エアトリ民泊では、マイページの「会員情報」から身分証明書のオンライン申請をすることができます。申請に使用できるのは「免許証・健康保険証・パスポート」の3つです。

未申請でも予約することは可能ですが、利用できる施設は限られてしまいます

証明書の内容がホストに開示されることはありませんので、事前に登録しておきましょう。

エアトリ民泊の支払い方法と支払いのタイミングを知っておこう

ゲストが仮予約を完了すると3日以内にホストの承認作業が行われ、承認(非承認)のメールが届きます

この時点ですでに支払いは済んでいますので、万が一「非承認」になった場合はキャンセル料なしで全額が払い戻されます。

ただし、承認された後でゲストの事情により宿泊ができなかった場合には、それぞれの施設ごとに定められたキャンセルポリシーに従ってキャンセル料が発生する可能性があります。

エアトリ民泊の支払い方法は、オンラインによるクレジットカード決済のみです。

現金払いや現地での精算はできませんので注意してください。

利用可能なクレジットカードは「VISA・MASTER・JCB・ダイナース・アメリカンエクスプレス」の5種類です。

カード引き落としのタイミングは、宿泊日ではなく予約申し込みをした日が起算日になります。

そのため非承認となった取引については、カード会社の締め切り日によって一旦引き落とされたのち、改めて返金ということもあります。

この点はエアトリ民泊だけではなく、それぞれのカード会社に確認しなければなりません。

エアトリ民泊の予約ができたら宿泊までにしておきたいことは何?

無事に宿泊先の予約ができたら、次にしておくべきことは宿泊施設に対する問い合わせ先の確認です。

予約が成立すると基本的にエアトリ民泊は関与しないので、ゲストは宿泊施設のホストに自ら問い合わせることになります。

ホストの連絡先は、送られてきた予約通知のメールや、エアトリ民泊のマイページの予約履歴からも確認できるようになっていますので、旅行中はいつでも連絡が取れるようにしっかり調べておくことが大事です。

エアトリ民泊の利用方法を知って、スムーズに民泊を楽しもう!

エアトリ民泊は会員登録せずに利用することもできますので、とりあえず試したいという人にも適していますが、会員登録を行ってから利用するとポイントが貯まってお得になるほか、領収書の発行や予約管理がマイページから行えるので便利です。

合法な民泊施設だけを掲載しているため安心して申し込みができるところや、利用方法が分かりやすく記載された公式サイト、旅行にかかわるすべての手続きをワンストップで行える利便性などもおすすめのポイントです。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP