民泊JOY

出張や研修で一休.com バケーションレンタルを利用したら料金は経費で落ちる?領収書の発行方法は?

民泊を利用したい!でも一休.com バケーションレンタルの代金は経費で落ちるか心配

出張や研修など仕事で「一休.com バケーションレンタル」の施設を利用したい場合、経費で落ちるのか気になるところです。高級感のある施設が多いため、役員の出張や宿泊先での研修、商談や接待などにも「一休.com バケーションレンタル」の施設はおすすめですが、出張費の範囲内で収まるのか、仕事の目的に反しないかなどを踏まえて検討しましょう。

領収書は誰が発行してくれるの?

経費精算をするために必要となる領収書の発行者は決済の方法によって異なります。宿泊先での現地決済を希望する場合は各宿泊施設からの発行となりますので、予約した施設に直接依頼してください。オンラインカード決済を行った場合は「一休.com」のサイト上から「クレジットカードにて決済」という但し書きが付いた領収書が発行されます。カード決済の場合は宿泊施設での発行や領収書の郵送には対応していません

領収書の発行方法が知りたい

領収書発行の手順としては、まずマイページにログインして「予約の確認・変更・取消」の画面から予約の詳細を確認し、領収書が必要な予約で「領収書を発行する」をクリックします。するとポップアップ画面が立ち上がりますので、そこへ任意の宛名を入力しましょう。クレジットカードでオンライン決済をした場合、領収書の発行期限は決済日から宿泊後の2年までとなっており、ボタンが表示されている間は発行可能です。

発行の形式については次の3つのパターンがあります。まず、ポイントやクーポンを利用した場合にそれらを差し引いた金額で領収書が欲しいときは、領収書の発行ボタンから「(a)決済金額の領収書を発行する」を選択してください。

ほかにも、ポイント・クーポン利用額差し引き前の宿泊料金での発行で内訳を表示しない方法と、内訳を表示する方法があります。ただし、金額はあくまでもクレジットカードでの実際の決済額か元の宿泊料金となり、それ以外の変更はできません。

また、金額を分割して領収書を発行することもできます。こちらも3つのパターンが用意されており、人数単位で料金を分割する「人数割り」と、室数単位で1室分ごとに分割する方法のほか、泊数単位の宿泊料金を1泊分ごとに分割することもできるので便利です

分割金額に端数が生じた場合には1枚目に含まれ、分割時にキャンセル料金やオプション料金があった場合には別途1枚で発行されます。人数単位の分割で子ども料金が含まれる場合には、別途1室につき1枚が発行されます。いずれかの発行形式を選ぶと領収書画面に進みますので、表示形式をPDFまたはHTMLから選択してください。

PDF版を使う場合には、PDF ファイルの検索表示や印刷ができるソフト(adobe reader)が必要です。最新バージョンであることを確認してから使用しましょう。PDF版で正常に出力ができない場合はHTML版で選択します(ご利用のブラウザがSafariの場合は、HTML版の方がスムーズです)。

表示形式を選んで領収書が表示されたら、データの保存や印刷をして経理担当者への提出に使えます。一度印刷してしまうと宛名の変更ができないため、よく確認してから手続きを行ってください。

まとめ

一休.com バケーションレンタルで現地決済すると、宿泊施設で領収書をもらうことができます。クレジットカードでオンライン決済をした場合は「一休.com」サイトから手続きをすることでPDFやHTMLのデータとして発行され、プリントアウトして利用できます。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP