民泊JOY

一休.com バケーションレンタルでいざ民泊!鍵はどのように受け取るのでしょうか?

民泊でよく使われる鍵の受け渡し方法と一休.com バケーションレンタルのケース

民泊では一般の住宅や空き家などを借りることになり、運用をしているのも一般個人であることが少なくありません。そのため、どのように鍵を受け取るかが問題になります。
運用者であるホストが一緒に住んでいる物件や、近隣に住んでいるのであれば当日の何時といった約束で待ち合わせしたり、宿泊先に直接出向けばいいわけですが、中にはホストが遠方に住んでいる場合もあります。
そのため、事前に打ち合わせをしてお互いに待ち合わせをして受け取ったり、暗証番号制のポストやコインロッカーなどを利用して非対面で鍵の受け渡しを行っていたケースもありました。

2018年6月からは民泊の法制度が厳しくなり、鍵の受け渡しは対面またはそれに準じる方法で行い、かつ本人確認をするよう義務付けられています。
これにより、本人確認と鍵の直接受け渡しを代行するサービスなども登場しており、こうしたサービスを導入してホストとは直接合わずに鍵を受け取るといった流れもできてきました。

一休.com バケーションレンタルは高級別荘やヴィラや高級分譲マンションのコンドミニアム、リノベーションした町家や古民家などに泊まれるサービスです。
ハイグレードな施設を厳選しているため、鍵の受け渡しがスムーズにできるよう工夫されている施設も少なくありません。
たとえば、予約時に発行される番号を押してプッシュするだけで解錠できる「ボタン式」システムも導入されています。

鍵の受け渡し時に起きやすいトラブルを回避しよう

ホテルや旅館ではフロントスタッフが常駐していてチェックインや鍵の受け渡しを直接してくれますが、民泊はそうはいきません。
ホストが住んでいない民泊もありますし、ホストが一緒に住んでいるケースでも一般の方だとちょっと買い物に出かけるなどして留守になることもあります。
そのため、約束していた時間に間に合わないと、ホストと会えず上手く鍵を受け取れなかったりします。
また、よくあるのが鍵は受け取ったものの使い慣れた鍵ではなかったり、暗証番号式や二重のオートロックシステムなどの使い方が分からず中に入れなかったり、ホストに電話をしてもすぐに連絡が取れなかったりするケースです。
ご近所の方やマンションなら住人に尋ねるといった方法で解決されることもありますが、貸別荘など近隣に頼れそうな人がいないという場合には困ります。
事前に鍵の受け渡しや開け方の確認、チェックイン時間前後にホストとすぐに連絡が取れるよう打ち合わせをしておくと安心かもしれません。

民泊のチェックイン時に注意したいこと

民泊に泊まる際には「民泊新法(住宅宿泊事業法)」と呼ばれている法律や、民泊施設がある地域の条例、ご近所の方との約束などに基づいた運用がなされます。
そのため、チェックインについても本人確認の必要やチェックイン時間の制約がある場合がありますので、予約する前にはよく確認を取っておきましょう。
法律や条例に基づく本人確認も必要になっているので、パスポートなどを携帯しておくのがおすすめです。
また、ホストやフロントサービスの有無を問わず、チェックイン時間を過ぎると入れない施設や、住宅街にある民泊ではご近所の迷惑にならないよう真夜中のチェックインを禁じているところもあります。

まとめ

一休.com バケーションレンタルでは高級分譲マンションや貸し別荘、町家などに泊まることができ、それぞれ鍵の受け渡し方法やフロントサービスの有無が異なります。
非対面で入室できるボタン式システムを備えた施設も多いので、気になる方は予約前によく確認してから予約を入れましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP