民泊JOY

一休.com バケーションレンタルでの予約方法とキャンセル料金

一休.com バケーションレンタルで予約したときのキャンセル料はいくらぐらい?

厳正な選択基準をクリアした物件だけを紹介する一休.com バケーションレンタルは、日本で初めての高級別荘予約サイトです。

そんな「一休.com バケーションレンタル」で宿泊予約をしたけれど、諸事情により申し込みを取り消したいというときには、「一休.com」のサイトから各自でキャンセルの手続きをする必要があります。

キャンセル料については、それぞれの施設や宿泊プランによって規約が定められており、宿泊料やキャンセルのタイミングにもよるため一概にいくらとは言えませんが、ハイクラスな宿泊施設ばかりが揃っているサイトだけに、キャンセル料もそれなりにリッチなお値段になりがちです。

宿泊日の5日前まで無料でキャンセルできる施設もあれば、20日前から50%のキャンセル料を請求される施設までさまざまですが、当日のキャンセルや不泊(無断キャンセル)の場合は宿泊費の100%が請求されます。

予約の際には、料率やキャンセル料が請求されるタイミングなどをよく確認しておきましょう。

一休.com バケーションレンタルでの宿泊予約の取り消し方

宿泊予約を取り消すには、まず予約完了メールから「予約の確認・変更・取り消し」ページを表示し、取消入力フォームに必要事項を入力します。

キャンセル理由を記入する欄がありますので、そこに入力して進むと「取消内容確認」ページが表示されます。内容を確認して予約を取り消せば、予約の取り消しは完了です。

同時に複数のホテルや旅館、宿泊プランを申し込んでいる場合は、対象の予約番号がそれぞれに割り当てられていますので、取り消されたのが希望する予約の対象番号であるかどうかを必ず確認することが大切です。

ホストに予約をキャンセルされてしまったら

日本国内における宿泊施設や民泊を提供する貸出人向けのウェブサイトが増えていますが、予約の際に利用するサイトによって多少の違いがあります。

たとえば、予約のために支払ったお金を新規予約に振り替えたり、全額を返金してもらうよう求めることが可能です。

新規予約に振り替える場合は、既に支払ったお金は新規予約の方へ即座に振り替えられるケースが多く、元の予約より金額が上がる場合は、サイト側が補助金を出すようにしているところもあります。

宿泊まで4週間以上あるときには、支払った額が自動的に返金されることになっています。

全額返金を求める場合は、ホスト側からキャンセルされた予約を探し、その予約に対する返金を希望すれば全額が戻ってきます。

一休.com バケーションレンタルを上手に利用するために

一休.com バケーションレンタルは、普段生活している場所とは違う土地で、今までとは違うバケーションを体験できるのが最大の魅力です。

所有するオーナーの趣味・嗜好や、物件の広さなどでも使用目的が変わりますので、ホテルとは違う「選ぶ楽しみ」があることも特徴でしょう。

しかしながら個人所有の建物なので、オーナーの事情によっては急に利用できなくなるケースも生じます。

利用する際は、急な予約の取り消しやホスト側のキャンセルにもきちんと対応してくれる、安心・安全なところを選ぶのが賢明と言えるでしょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP