民泊JOY

Airbnbの民泊物件に宿泊!鍵の受け渡しはどうする?

民泊は、比較的安く泊まれる魅力的な部屋や物件がたくさん。さらに場所やアメニティ、部屋のタイプなどさまざまな条件をつけて希望の部屋を探せるため、旅行や出張、ライブ・コンサートといった用途に利用できる便利な宿泊方法です。

大手民泊サイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」では、サイトから希望の部屋を予約するとホストとメッセージでやり取りすることができます。

その機能を利用して、宿泊に関する疑問や不安を解決することができますが、「鍵の受け渡し方法」の確認もマストです。特に借りた物件が貸切タイプであれば、ホストが不在なのでチェックインの時点から戸惑うことになってしまいます。

今回は一般的に用いられる鍵の受け渡し方法をはじめ、その際によくあるトラブル、またチェックイン・チェックアウトの方法についてもご紹介します。

民泊でよく使われる鍵の受け渡し方法

民泊での鍵の受け渡しでは、主に以下のような方法が使われています。

  • ホストが直接手渡しする
  • 民泊物件のポストに鍵を入れておく
  • 駅などの暗証番号ロッカーを利用する
  • 近所の人に鍵を渡しておく

一番安全で確実なのは、ホストからゲストに直接手渡しする方法。直接渡すので、万が一鍵がなくなる事態になっても、責任の所在が明確です。

また、直接お互いの顔を見ることができるため、ホストがどんな人かわからない状況で借りるよりも安心できます。

しかし、ホストやゲストの都合で直接手渡しすることが難しいケースもあります。そのような場合には、物件のポストに入れておいたり、ロッカーを利用したり、近所の住民に鍵の受け渡しをお願いしたりする方法も。

民泊の予約を入れたときに、事前にホストと話し合って鍵の受け渡し方法を決めておくのがベストです。

鍵の受け渡し時に起きやすいトラブルとは?

事前に鍵の受け渡し方法について決めておいても、いざ当日になるとハプニングやトラブルが起こることもしばしば。鍵の受け渡し時によく発生するハプニングやトラブルはどのようなケースがあるのでしょうか。

ホストが待ち合わせ時間に来ない

民泊物件の鍵を直接受け渡しするために待ち合わせしたけれど、時間になってもホストが来ない事態になることがあります。電話やメールをしても連絡が取れず、ゲストは途方に暮れることに。

ポストが壊れて開かなかった

ホストが民泊物件のポストに鍵を入れてくれたものの、ポストが壊れて開かないという事態が発生することも。鍵は目の前にあるのに家の中に入れず、結局ホストが来てくれるまで外で待っていたゲストもいたそう。

また、ポスト自体が暗証番号を入力しなければいけないタイプなのに、事前に暗証番号を聞いていなかったというトラブルもあります。

民泊のチェックイン時に注意しておきたいことは?

このようなトラブルを防ぐためにも、チェックイン・チェックアウト時の注意点や対策についてご紹介していきます。

チェックイン

チェックイン前日または当日は、「事前に決めた鍵の受け渡し方法に変更がないか」を確認しましょう。鍵付きのポストやロッカーを使用する際は、暗証番号に間違いがないか確認することで、「番号が違っていた」などのトラブルを防げます。

またホストの都合にもよりますが、チェックイン予定時間の前後はできるだけ連絡が取れる状況にいるようお願いしておくのもいいかもしれません。

チェックアウト

チェックアウトをする際は、鍵を返却しなければいけません。ホストが直接来てくれるのが一番ですが、予定や距離の関係で来れないこともあります。

そのような場合には、鍵をどこに置いたか連絡しましょう。メールに鍵の写真をつけて送っておくと後々のトラブルを回避するのにも効果的です。

スムーズに民泊を利用するために鍵の受け渡しはしっかり確認を!

宿泊の始めにつまづいてしまったり、最後に嫌な気分になると旅の楽しさも半減してしまいますよね。スムーズに民泊を利用するために、鍵の受け渡し方法はしっかり確認しておきたいところ。

鍵の受け渡しや返却のトラブルを防ぐには、こまめな連絡が大切です。そのため、チェックイン・チェックアウト時には、ホストと連絡を取るようにしましょう。

また到着が遅れそうなときはすぐに連絡を入れ、おおよその到着時間がわかれば伝えるようにするとホストも対応しやすくなります。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民泊JOY

PAGE TOP