民泊JOY

今までの常識をぶち破る!宿泊だけではなく体験もできるAirbnb(エアビーアンドビー)

「宿泊」だけでなく「体験」も加わったAirbnbの「City Hosts」

「暮らすように旅をする」がコンセプトのAirbnb。今までは、宿泊だけのコンテンツでしたが新たにコンテンツが発表されました。

その名も「City Hosts」ゲストが旅先での生活に触れることができる体験ツアーを専属のガイドと回るという内容です。

ただ、宿泊するだけではなくて、その国の特定地域の文化や生活に触れることができるのはとても魅力的です。

では、City Hostsの利用方法を説明します。まず専属のツアーガイドを予約する必要があります。

どの体験に参加するかをじっくり選びましょう。そして体験ツアーを予約すると、ツアーが開催される街の宿泊場所のリストを提供されます。

ちなみに注意点があり、体験ツアーは別途ゲストの人数に応じた料金が発生します。

費用の面でも一緒に体験する知人や家族とよく相談しておきましょう。今回は日本国内に視野を向けてどのような体験が存在するのか説明していきます。

「日本の地域」の文化に触れることができる体験

1. 宮城県・カネサオーガニック味噌工房

ご家族で味噌工房を営んでいる安部美佐さん。その名も、「Make miso with a master」

有機米・有機大豆を原材料に使った「手づくり味噌キット」というものがあり、自分で味噌を作ることができます。

全行程でかかる時間は3時間程度です。費用は1人6000円。「用具などは必要ではないの?」と心配な方がいるかもしれませんが、用具はすべて用意してくれます。

ただし、エプロンのみ自分で持っていく必要があります

さらに嬉しいことに、実際に味噌を使った料理を食べることができるので、「ランチ付き」というわけです。

2.真喜屋の普久川滝を案内するトレッキングツアー

沖縄では、特色を生かした体験ツアーがいくつも用意されています。名護市では、シンガポールからの旅行客を受け入れて、真喜屋の普久川滝を案内するトレッキングツアーが開催されました。

アウトドアの体験ですので、「安全面に心配はないの?」と疑問に思うかもしれません。
しかし、体験の提供側は事前にAirbnbの担当者と打ち合わせを重ね、ガイドの流れ等を確認しています。

さらに、安全確保のため地元ガイドチームに危険な場所や、緊急時の対処方法などを確認することで、旅行客が安心して体験できるような体制を整えているので心配なく楽しめます。

3.東京での『寿司サイエンス』

ベテランの寿司職人が提供する「寿司サイエンス」という体験。どのような体験かというと、ベテランの寿司職人が寿司の仕込みの技とサイエンスの世界にゲストを招くというツアーです。

寿司について細かく学ぶことができ、さらに様々な種類の寿司を食べることもできます。

外国の方からすると日本の食文化の中でも一番人気の「寿司」を体験として取り入れているので、とても盛り上がるでしょう。

Airbnbの「City Hosts」で宿泊だけではない楽しさを


いくつかの体験をご紹介しましたが、「City Hosts」は、日本でも様々な種類のものが存在しているので1度利用してみると充実した時間を過ごせることでしょう。

もちろん日本だけでなく世界でもたくさんの体験が存在しているので、旅行に行く時は検討してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP