民泊JOY

Airbnb(エアビーアンドビー)で民泊先確定!次に必要なことは?

ホストと連絡を取り合おう


ホストも人間ですから、他人に宿泊先を提供するのは不安なものです。いくら慣れたホストであっても、何かあったときにはAirbnbの保証を受けられるとしても、やはりゲストの人となりは気になるもの。
そこで重要となるのが、事前のコミュニケーションです。予約が確定したら必ずホストに連絡を取り、挨拶をしましょう。ゲストも当然、きちんとした民泊にトラブルなく泊まりたいものです。お互い気持ちよく提供・利用できるよう、心がけましょう。そして、挨拶だけでなく、民泊を利用する上で必要な情報もホストから聞く必要がありますので、民泊当日に困ることのないよう聞いて準備を整えます。

予約確定したホストとの連絡の取り方


予約が確定したホストとの連絡の取り方は複数あります。
1つ目はAirbnbのメッセージ機能を使う方法です。受信トレイからホストを探し、メッセージを送ります。
2つ目はメールです。このメールはホスト・ゲスト共にプライベートなアドレスではなく、Airbnbが一時的に発行してくれるアドレスです。個人のアドレスを知られてしまうのは後々不安ですので、ありがたいシステムです。Airbnb「旅行」ページで「旅程表を見る」をクリックし、記載のメールアドレスに連絡します。
3つ目は電話です。これは上記のメールアドレスとは違い、個人のプライベートな番号です。こちらも「旅程表」から確認できます。
どの方法で連絡をしても返事が来ないという場合にはAirbnbに相談します。ただ、相手が海外の場合は時差ということも考えられます。時間的余裕をもってメッセージを送り、少し待ちましょう。

ホストとの事前連絡で確認するべきポイント


挨拶の連絡を入れれば、慣れたホストであればリードして説明したり質問したりしてくれるでしょう。しかし、漏れがないよう、ゲスト側もきちんと把握すべき点を理解しておかなければなりません。
まずは「民泊先の場所」です。海外の場合であれば、空港からのアクセス・交通機関も教えてもらっておいたほうが安心です。最寄りの駅や目印となる公共施設からのアクセスを教えてもらい、出発前に地図と照らし合わせて、迷いそうであればさらに詳しく聞いておきましょう。同じような建物でどれか分からないということも少なくありませんので、建物の目印は教えてもらうべし。Google mapの航空写真を印刷しておくと分かりやすいので安心です。民泊先に辿り着けなければ、宿泊することはできませんので最重要事項と言えます。
次に「鍵の受け渡し方法・場所」です。民泊先に家主が住んでいて、ゲストの到着時間前後には必ず在宅しているのであれば大丈夫ですが、一軒丸々貸し切る場合などには民泊先とは別の可能性もあります。こちらも民泊先の場所と同様、出発前に詳細に下調べし、現地で困ることのないようにしましょう。今は民泊用のスマートロックもありますので、そうした民泊先でしたら情報のやり取りだけで済み、非常に便利です。
「チェックイン・チェックアウト時間」も必須です。ゲストの要望もありますし、ホストの都合もあります。きちんと打ち合わせして、当日トラブルになることのないようにしましょう。
また、いくら事前にやり取りし、万全に準備をしていても、「連絡先電話番号」は聞いておくべきです。土地勘のないところでは公共交通機関に乗り間違えたり、道に迷ったりするものです。また、飛行機等の都合で時間がずれるということもあります。必ず連絡がつく電話番号を聞いておくと安心です。

こんなことも聞いておくと民泊をもっと快適に楽しめる!


Airbnbに記載されてもいますが、アメニティについては再確認しておくとよいでしょう。足らなくなったら現地で買い足せばよいと考えるなら別ですが、必要な分持っていくというのであれば、とくに少し長く民泊する場合には聞いておきましょう。
また、旅行先で調べたいことも出てくるかもしれません。Wi-fiの有無や使い方も聞いておくと便利です。
民泊先に張り紙等で書いてあるかもしれませんが、退去時の鍵の返却や他に何か特別必要なことがないかの確認もしておいたほうが良いです。それに要する時間も考えて帰路につかなければなりませんし、利用後のトラブルも避けられます。
そして、近隣のおすすめのお店や便利なお店も聞いておくと、現地の人ならではの隠れたスポットを教えてくれ、旅をより充実した特別なものにすることができます。民泊ならではのコミュニケーションを是非楽しみましょう。

まとめ:ホテルや旅館とは違うのはコミュニケーション!


ホテルや旅館とは違い、民泊ではホストとゲストの信頼関係が重要です。会っていない相手と信頼関係を築くというのも難しいものですが、礼儀をもって接すれば必ず伝わります。お互いが気持ちよく民泊を貸し借りできるよう、誠意を尽くしましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP