民泊JOY

民泊ホストになろう!もてなし上手なホストになるには?

民泊はお好きですか?

ゲストとして個人の家に宿泊するのも、ホストとしてゲストをもてなすのも、両者にとって魅力がたくさんの民泊。近年行われている法整備や規制緩和によって、民泊を運用するハードルが下がりホストになる人が増えています。

民泊ホストになると、たくさんのゲストと出会い国内外の人と交流できるだけでなく、ビジネスとして運用すれば投資もできるのです。楽しく収益を上げられるなんて、まさに一石二鳥!

しかし民泊を運用していくなら、まずはゲストに利用してもらわなければ始まりません。

今回は、ホストがゲストをもてなすために大切なポイントをご紹介します!

民泊を始めるなら、まずはAirbnbに登録しよう!

まず、民泊ホストとして行う最初のステップは部屋を用意し、Airbnbなどの民泊仲介サイトに掲載すること。そして、民泊サイトから予約したゲストを迎え入れ、宿泊してもらった後に民泊サイトから振り込まれる料金を受け取るというのが大まかな流れです。

もちろん、ゲストがチェックアウトしたあとは、次のゲストを迎え入れるために清掃をする必要があります。継続してゲストに利用してもらうためにも、流れをきちんと理解しておきましょう。

Airbnbに物件を登録するには

民泊を始めるためには、まず使いたい部屋をAirbnbなどの民泊サイトに物件を登録しましょう。掲載することで初めて、ゲスト側に部屋の存在を知ってもらえます。

掲載するにはいくつかの情報を設定する必要があり、物件のタイプやロケーションをはじめ自己紹介や部屋の説明を細かく入力すると、ゲストへの好印象につながります。

ゲストが物件を選ぶうえで大切なのは情報だけでなく、やっぱり写真!
部屋のインテリアやアメニティを充実させて、雰囲気が伝わるような写真を目指しましょう。

ちなみにAirbnbでは、リスティング写真をプロのカメラマンに撮影してもらうことができますよ!

いざ予約が入ったら!チェックアウトまでの流れを紹介

Airbnbで予約が入った後は、ゲストを迎え入れるためにやるべきことがたくさんあります。
予約受付からゲストのチェックアウトまで、全体の流れを簡潔に説明します。

予約を受け付けたら・・・

予約の受付が完了したら、ゲストをお迎えする準備に入りましょう。チェックインするまでにAirbnbのメッセージを通じて質問に答えたり、鍵の受け渡し方法などについて教えたりします。ここでの対応によってホストの評価や印象が変わることも。

ゲストに信頼してもらうために、丁寧かつ迅速な対応を心掛けましょう!

いよいよゲストがチェックイン!

ゲストを精一杯おもてなししましょう。その土地のおいしいもの、独特な文化、穴場スポットを教えてあげたり、ゲストに話題を振ったりするのも◎。

ホスト不在型の民泊でも、いつでも電話対応できるようにしておきましょう。

チェックアウト後はどうする?

ゲストがチェックアウトしたら「利用してくれてありがとう」とお礼のメッセージを送りましょう。ゲストも宿泊後にはレビューを書き、さらに他のゲストがレビューを参考に物件を選ぶため、その後の集客に響いてきます。

また、次のゲストを万全の状態でお迎えするために、部屋を丁寧に掃除しましょう。ここで忘れがちなのが、シャンプーやタオルなどアメニティの補充です。漏れがないように、しっかり確認しておく必要がありますね。

いつでもゲストが泊まれるように清潔な状態をキープすることが大切です。

接客が苦手・・・。
でも大丈夫!運用代行サービスを利用するという方法も

ホストとして民泊を運用するには、たくさんの気遣いや準備が必要です。しかし、人と接することが好きではない方、運用に関して自信がない方もいるのでは?

でも大丈夫!そんな方におすすめしたいのが、「運用代行」のサービスです。

運用代行サービスってなに?

ここまでで説明したようなホストの業務のほぼすべてを代わりに行ってくれるサービスのことです。

例えば・・・。
●ゲストとの連絡
●鍵の受け渡し
●清掃・アメニティの補充
●トラブル対応

これらのようなタスクを一部または全部、代行会社がやってくれます。代行してくれる範囲は自分で選べるので、予算や都合に合わせられるのが魅力。

さらに運用代行サービスでは英語や他の言語でゲストの問い合わせに対応してくれるサービスもあるため、英語が苦手という人でも安心して民泊の運用をすることができるのです!

ただし、いくつか気をつけたい点も。
●費用(場合によっては手数料も)がかかる
●ホストとしてのノウハウを習得しづらい
●代行会社によって質が全然違う
などが挙げられます。

メリットとデメリットを知ったうえで、代行サービスを利用するかどうか決めましょう。

民泊のホストは簡単ではない・・・でも楽しいこともたくさん!

民泊を運用するのは煩雑な作業や手続きが多く、決して簡単とは言えません。ときにはトラブル対応に追われることもあるでしょう。

しかし、数ある苦労をふまえても民泊ホストにしかできない体験がたくさんあります。今は多くの人が民泊を始めやすくなったうえに、ホストの手間を請け負ってくれる運用代行サービスもあります。

民泊ホストに興味があるなら、ぜひ一度チャレンジしてみることをオススメします!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民泊JOY

PAGE TOP