民泊JOY

民泊費用も経費で落ちる?Airbnbで領収書を発行するには

海外から日本への観光客が急増し、出張先のホテル確保に苦労する昨今。ビジネスホテルは予約で埋まり、空いているのは高額な部屋やビジネス用ではない宿泊施設・・・と困ったことはありませんか?

そんなときは、民泊を利用するのも1つの手段。都市部では、ビジネス用の民泊物件も数多くあるようです。

しかし、民泊費用は出張経費として認められるのでしょうか?

民泊施設を出張時に利用した場合の、領収証の発行方法などをまとめました。

民泊を利用したい!でもAirbnbの代金は経費で落ちるの?

ビジネスホテルを利用したくても予約がいっぱいで取れない、予約が取れても団体客ばかりで落ち着かない・・・など、これまで出張で利用していた宿泊施設が利用しづらくなったという声が多く聞かれます。

そんなときこそ、民泊の出番!

民泊ならマンション1室を貸し切れたり、無料Wi-Fi・アイロンなど設備が充実した快適な物件が多数。5,000円以下の物件も多く、宿泊料金が安ければ経費削減にも有効です。

また、広い部屋や調理設備など、まるで1人暮らしをしているかのように過ごせるため、ビジネスホテルにはないメリットも民泊の魅力。

しかし、心配なのはその宿泊料を経費で落とせるかというところ。
結論から言うと、Airbnbで予約した民泊物件については経費として計上するための領収書を発行することができます。

領収書は誰が発行するの?

では、領収証の発行元はどこになるのでしょうか。

身近な例でいうと、楽天トラベルやじゃらんなどから予約した場合は、予約先のビジネスホテルが発行します。これは、利用者がホテルに直接料金を支払うからです。
一方、旅行会社のツアーを利用した場合は、ホテルではなく旅行会社に料金を支払うため、領収証は旅行会社から発行されます。

Airbnbで民泊を利用した場合も、後者と同様にAirbnbから発行されることになります。これは、宿泊料金を決済しているのはAirbnbであり、ホストではないからです。

またゲストが支払う宿泊費には手数料が加味されています。領収書を発行するのは、手数料と宿泊費等の決済を代行しているAirbnbということになるのです。

ただし、Airbnbから発行される領収書の金額はユーロ表記のため、そうした領収書が経費として認められるかどうかは、先に企業の経理に確認しておくことが必要です。

領収書の発行方法は?

領収書は、Airbnbのサイト上から発行することができます。領収書に記載できるのはゲスト名・勤務先住所などとなり、パスポート番号や生年月日、納税者番号などの情報は追加することはできません。

ここで注意しておきたいのは、領収証の宛先はゲスト名ということ。したがって、宛先を会社名にしたい場合は、旅程表の氏名を書き換える必要があります。ゲスト名の変更は、宿泊が終了するとできなくなるため、必ず宿泊前に変更しておきましょう。

金額は宿泊費だけではなく、手数料や清掃費の小計が記載されます。掛かった費用をしっかり出張宿泊費として請求することができるので安心ですね!

民泊を利用して賢く快適に出張しよう!

このように、出張時の宿泊先として民泊を利用しても、Airbnbなら企業向けの領収書を発行することができます。領収書は自分の都合に合わせてウェブからプリントアウトができるので、出張先で領収書をもらい忘れることもありません。

観光シーズンや学会・ライブなどのイベントでビジネスホテルの予約が確保できないときにも便利な民泊。上手に利用することで、ホテル予約のストレスをなくし、快適な出張滞在が可能となるでしょう!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

民泊JOY

PAGE TOP