民泊JOY

Airbnbは安全?トラブル対策を知って民泊を楽しもう!

企業や団体が運営している宿泊施設とは違い、一般の家の空き部屋や空き家に宿泊する「民泊」。

ホストとゲスト間で個人どうしの契約で明確なルールや規則がないため、「安全性」について不安をお持ちの方も多いのでは。そして、テレビやネット上で取り上げられる民泊の話題も「事件」や「トラブル」といったネガティブニュースが多いことから、「民泊=危険」といったイメージを持たれがちなのも事実。

しかし、民泊に関するトラブルや事件は、事前にしっかりと対策を取ることで未然に防げることも多いのです。日本で「民泊」という宿泊スタイルはメジャーではありませんが、世界では大人気の宿泊方法として、多くの人が楽しく利用しています。

では、民泊で多いトラブルはどのようなものがあるのでしょうか。
そういったトラブルを回避するための対策も併せてご紹介します。

民泊は個人どうしのやり取り。安全は100%ではない



民泊を利用する上で、忘れてはいけないのが「ホストもゲストも個人」ということです。民泊においてのマニュアルなどは完備されていないため、ハプニングやトラブルの可能性が0とは言い切れません。また、ホストとゲストそれぞれの生活環境や考え方、国による文化の違いからトラブルにつながることも。

しかし、ひとことで「トラブル」といっても、実際に起こっているトラブルの原因は実にさまざま。

ここでは、大手民泊サイト「Airbnb」において、実際に起きたユーザーどうしのトラブルの一例を見てみましょう。

事前に聞いていた条件と違う

「空き家を一棟借りる」という条件で予約をしたにも関わらず、当日になってホストの予定が変わり、ホストもゲストと同じ家で寝泊まりすることに。大人数で泊まるために広々と使える空き家を借りたのに、当日は6畳ほどの部屋で狭い思いをしながら寝ることになってしまったそうです。

ホストと連絡が取れない

民泊の当日になって待ち合わせの場所に行ったけれど、ホストが来ないというハプニングも。電話やメールで連絡しても応答がなく、結局宿泊できるホテルを探して泊まることになったそうです。

Airbnbに掲載されている写真と実物が違う

Airbnbでは清潔感があり広く見える部屋だったけど、実際に訪れてみると壁にヒビがあったりお風呂にカビが生えていたり・・・。写真は民泊施設を予約する際の大きな決め手になりますが、撮影の仕方やソフトによっていくらでも修正することができてしまいます。

「思っていた部屋と違う」「急な条件変更」などはよくあるトラブル。当初と同じ物件で宿泊できたのはいいですが、嫌な気分で過ごすことになってしまいます。結局宿泊先を変えた件は時間もお金ももったいないことに。

また、なかには「盗撮カメラが仕掛けられていた」という事件性のあるケースも。こうしたトラブルや事件を事前に回避するには、あらかじめこういった問題があることを理解し、その対策を考えておかなければなりません。

トラブルやハプニングを避けよう!民泊で心がけたい安全対策

旅行先でトラブルが発生したときに、自分の身は自分で守らなければいけません。そのためには、どのような対策が必要なのでしょうか。

すぐに誰かと連絡が取れる状態に

民泊だけに限らず、旅行中はいつ、何が起こるかわかりません。そのためスマートフォンや携帯電話の電池残量に注意をし、常に誰かと連絡を取れる状態にしておきましょう。

また、インターネットがつながらずメールやチャットで連絡が取れないという事態は避けたいところ。その心配がある方は、短期間で借りられるWiFiレンタルサービスを使うのがオススメです。

予約の段階で物件を吟味する

Airbnbから予約をする段階で、物件をよくみて厳選する必要があります。金額が安く立地もいい、希望に沿った部屋があっても予約ボタンを押す前に、まずはレビューをチェックして見ましょう。

レビューは実際の利用者の率直な感想が書かれています。そこに「ホストの対応への不満」や「部屋への不満」などが書かれていたら要注意。

また、部屋の詳細については直接ホストへ問い合わせるのも有効です。宿泊日の前日や数日前に条件を再度確認しておくのもいいでしょう。

貴重品の管理、施錠のチェックは厳重に

まるまる1室貸切の場合でも、貴重品の管理はしっかり行うのがマスト。鍵もチェーンを掛けておくなど厳重にしておきましょう。ホスト同居の場合も、部屋に鍵が掛けられるタイプがあるため特に女性はそういったタイプの部屋を選ぶのがオススメです。

万が一トラブルや事件が発生したときは、近くの警察や救急センターに連絡を取ります(海外の場合は政府所轄機関)。宿泊前にマップで警察署の位置の確認や電話番号の登録などをしておくのもオススメです。

特に海外では、価値観の違いや言葉の違いなどから、トラブルが発生しやすくなっています。事前に対策をして、自分の身を守りましょう。

民泊=トラブルではない!楽しい民泊の世界



民泊は「トラブルや犯罪が発生しやすい」と思っている方も多く、ネガティブな要素が目立ってしまっているのが現状。

しかし、実際にトラブルなどが発生しているのは、ごく少数。それ以上に、民泊を楽しんでいる人はたくさんいます。

世界中の旅行者を魅了する民泊の魅力とは、どのようなものがあるのでしょうか。

ホストとのコミュニケーション

民泊の醍醐味ともいえるメリットが、ホストとのコミュニケーション

民泊を運営しているホストは旅行好きな人や旅人と交流することが好きな場合がほとんど。そのため、利用者をあたたかくむかえてくれます。その土地の暮らしや文化について教えてもらったり、地元の人だけが知る穴場スポットやおいしいお店を教えてもらったり、なかには観光地をガイドしてくれることも。ガイドブックやネットの情報では知ることのできないその土地の魅力を発見できるのです。

美しい景色やおいしい食べ物を写真に撮って思い出として残すのも旅の魅力ですが、一番強く思い出に残るのは人とのふれあいかもしれません。

非日常なシチュエーションを楽しめる

例えば、海辺のコテージや山奥のログハウスなど、普通の生活をしていたら住むことがないような物件も利用できるのが民泊のメリット。ホテルのような”いたれりつくせり”というサービスとは違い、”その土地に暮らすように滞在する”のが大きな特徴です。

シチュエーションだけではなく、家そのものが変わっている場合も。築100年を超える古民家やシャンデリア付きの部屋やプール付きの豪華な家、コンテナハウス、電車の車両をリノベーションした部屋など、さまざまな趣向の異なる物件があり、探すだけでも楽しめます。

いろんな場所で「プチ移住」を体験して「将来はこんな暮らしがしたいな」と思いをめぐらしてみては。

ホテルの代替として安く泊まる

観光地や都心部に多くみられるのがこのタイプ。マンション1室をまるまる貸し切ることができ、ほかの人に気を遣うことなくゆっくりと過ごすことができます。予約が取りづらかったり金額が高騰する繁忙期の旅行やライブ・コンサートなど、その目的もさまざま。

ホテルの少ない郊外や大都市の駅近くなど、状況に合わせてピッタリの立地に宿泊できるのも民泊のメリットです。そして、ホテルや旅館に比べ宿泊料金を抑えられるのが最大のポイント。

感動体験をするなら民泊でキマリ!

トラブルや犯罪など、ネガティブなイメージが日本で先行してしまった民泊。しかし実際はとても楽しいものなんです。

少なからず危険が潜んでいるのも事実ですが、事前に起こりやすいトラブルや対策を頭に入れておくことで何かあったときもすばやく対応できます。

「宿泊」そのものをアクティビティとして楽しむことができたり、旅の目的や希望に合わせて宿泊タイプを選ぶことができたり、民泊はまさにフリースタイル!

そして、民泊を予約するならAirbnbがオススメ。ユニークなシチュエーションや変わった建物での民泊のほか、その土地でしかできない「体験」も検索できちゃうんです。

Airbnbを利用して、さまざまな感動体験ができる民泊にぜひ挑戦してみませんか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

晃平三矢

PAGE TOP