民泊JOY

HomeAway(ホームアウェイ)の料金は結局いくら?掲載料金と実際の料金が違う理由とは

HomeAwayで宿泊施設を検索していると、最終金額が掲載料金と違うことがあります。こういった価格の差はどうして起こるのでしょうか。また、料金は日によっても変動が見られ、宿泊価格に関する謎が深まります。そこで今回は、HomeAwayの料金の仕組みについて調べてみました。

▼HomeAwayについて詳しくはコチラ
HomeAway(ホームアウェイ)がまるわかり!特徴や使い方、口コミ、料金体系は?

それでは、HomeAway(ホームアウェイ)の料金の仕組みについてみていきましょう。

掲載していた料金とは違う?HomeAwayで支払う合計金額には何が含まれる?


HomeAwayで泊まってみたい宿泊施設を見つけて予約手続きを進めていくと、支払いの段階で最初のページに記載されていた金額と違う金額が提示されます。
そのため、話が違うと感じ不安になってしまう人もいるでしょう。もし初めてHomeAwayを利用するは、このホストは信用できないと勘違いしてしまうこともあるかもしれません。

しかしながら、はじめに提示されていた金額と実際に支払う金額が異なることには理由があります。
そのため、どのホストの宿泊施設を予約しても同じことが起こるのです。

というもの、HomeAwayの最初のページに記載されている金額は宿泊料金のみです。
しかし、HomeAwayを利用すると、宿泊料金の他にもサービス料や手数料などが掛かってきます。他にも清掃料金や超過人数に対する料金なども加算され、その結果はじめに表示されていた金額との差が生まれてしまうのです。

サービス料ってどんなもの?

サービス料や手数料は、ホストがゲストにサービスを行う上で必要になるものとHomeAway側が設定しているものの2種類があります。
このうちのHomeAway側が設定しているサービス料というのは、宿泊先でトラブルが起こってしまった時に対応するカスタマーサービスを運営する資金です。

このカスタマーサービスがあることでゲストは安心して宿泊できますので、サービス料は「保険料」とも言いかえられます。HomeAwayでゲストが支払うサービス利用料は一律で12%です。

清掃料金とは

清掃料金は、宿泊前にゲストのために清掃をする費用をいいます。この清掃料金の価格についてはホストごとに違いがあります。
清掃料金の価格は、予約の詳細の欄に記載されていることが多くみられますが、心配な場合にはホストに確認してみるのがいいでしょう。

ただ、記載されている清掃料金の価格は1泊当たりの価格ではありません。清掃料金は1回の予約に対して1回限り発生します。HomeAwayの清掃はホテルのように毎日行われるのではなく、チェックイン前に一回だけ清掃をするのが主流です。

そのため清掃料金は1泊当たりではなく1回で請求されます。もし、毎日清掃をして欲しい場合にはホストに相談すると追加料金を支払うことで可能になる場合もあります。

ゲストの人数が増えると発生する追加ゲスト料金

ホストはそれぞれの宿泊先に対して、何人までの宿泊にはこの料金という設定をしています。というのも、2人までの宿泊先に対して3人が宿泊する場合には追加の布団を用意する必要が出てきます。
また、人数が増えることで電気代や水道代も変わりますので、ホストはその分を補うために追加ゲスト料金を請求します。

保証金が必要な場合もある

HomeAwayのホストの中には保証金を設定する人もいます。
しかしながら、HomeAwayの支払いプラットフォームでは保証金を含めることができないため、提示される支払料金には保証金が含まれていません。
ただ、保証金が必要なホストは、ゲストと事前にやり取りを行い、チェックインの際に支払いを求めてきます。保証金が必要なホストは事前にゲストに連絡するように決められていますが、心配な場合には確認しておきましょう。

同じ民泊施設でも日によって宿泊料金が変動する!その理由は?

HomeAwayで宿泊先を検索していると、同じ民泊施設であっても日によって宿泊料金が変わることに気付く人もいるでしょう。これはホテルや他の宿泊施設と同じようにハイシーズンやローシーズンで利用料金を変えているためです。HomeAwayではホストが自分で宿泊先の料金の設定ができます。そのため、特別なイベントなどがあれば通常料金の3倍に設定されていることもあります。

週末や旅行シーズンには値段が高くなる傾向にある

利用者の多い週末や行楽シーズンには料金を高くしているホストも多くみられます。
また、海外の宿泊先の場合には、その国の祝日やその地域の特別なイベントなどに応じて料金が変わる傾向にありますので、滞在する国や地域の情報も調べておくのがいいでしょう。

海外の宿泊先の場合には為替も重要

HomeAwayで海外の宿泊先を探しているときには、宿泊料金が日によって細かく変動するのに気付くこともあるでしょう。
それは、為替による影響があると考えましょう。
海外の宿泊先は現地の通貨や米ドルやユーロで料金が設定されていることが多くみられます。

しかし、それを日本に住む人の多くは日本円で支払うのですから、それらの通貨の為替が宿泊料金に影響します。海外の宿泊施設において、宿泊料金が1円単位まで細かく設定され、キリが良くないと感じることもあるでしょう。それらは全て為替が影響しているのです。

ホストがその宿泊施設を運営して間もない場合には安いこともある

HomeAwayでは、ホストが宿泊料金を自由に設定できます。そのためホストは、その周辺にある他の民泊施設の料金を参考に料金を決定することが多くみられます。
ただ、新しく参入してきた宿泊施設の場合には、利用者からの反応を見るために値段を下げている場合も考えられるのです。

少しでも多くの利用者が得られることで多くのレビューが付き、そのレビューが広告となって新たなゲストを獲得できます。
そういった理由から運営して間もない宿泊施設の場合には一時的に料金を下げていることもあるのです。

民泊施設にはホームステイ型も!

HomeAwayを検索していると、その周辺の宿泊施設の相場が分かるようになります。宿泊料金はその施設のアクセスの良さや部屋の広さ、設備の充実などによって決められることが多く、安い民泊施設には不安を感じる人もいるでしょう。

ただ、HomeAwayにはホームステイ型の民泊もあります。そういったホームステイ型を運営しているホストはゲストとの交流を目的とし、その土地の文化などを多くの人に広めるためにホストをしている場合があるのです。ホームステイ型のホストのなかには「利益」をあまり気にしていない人もみられることから、アクセスが良く設備が充実している場合であっても料金が安く設定されていることがあります。

また、ホームステイ型の場合には自宅にゲストを招待しているため、民泊用として不動産の購入や賃貸を行っていない場合が多くランニングコストがかかりません。そういった理由からも値段が下げられていますので安心して利用できます。このようなホームステイ型のホストの場合には、宿泊してもらいたくない日程の料金をわざと上げて宿泊しないようにしているケースもみられます。

安く泊まるなら宿泊する施設のタイプを選ぼう

HomeAwayを利用する人の多くは、少しでも宿泊料金をおさえたいと考える人が多い傾向にあります。日によって料金が変動してしまい、希望していた料金の範囲内での宿泊が難しい場合には宿泊する部屋のタイプを変えてみるのも一つの方法です。

HomeAwayではマンションや一軒家といった一軒まるごと借りるタイプだけでなく、マンションや一軒家の一室だけを借りるタイプもあります。これはホームステイタイプとも違い、食事などは自分たちで用意し、キッチンや洗面をその家の住人と共用するといったタイプです。

他の宿泊者と共同で止まるタイプもあり、この場合には一泊1,000円~2,000円といった料金でも宿泊ができるでしょう。他の国の人と交流できる場合もあり、これまでとは違った旅が楽しめます。

HomeAwayの料金を知って上手に旅のプランを立てよう

HomeAwayを予約すると基本料金の他にサービス料金や清掃料金などが必要です。
また、週末など日によって宿泊料金が変動することもあります。こういった料金システムを知っていると旅のプランが立てやすくなりますので、上手に活用して旅を楽しみましょう。

HomeAway(ホームアウェイ)で非日常の旅を楽しんでみませんか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP