民泊JOY

HomeAway(ホームアウェイ)で予約する方法と料金を支払うタイミングは?

非日常の世界を体験ができる民泊は、世界中の旅行者の間で注目が集まっています。その中でもHomeAwayは、旅行予約会社Expediaの傘下にある民泊仲介サイトで人気急上昇中なので、利用している人も多いのではないでしょうか。民泊は宿泊施設のため、ホテルや旅館と同様に、宿泊前に施設の予約が必要です。今回は、HomeAwayのサイト内で宿泊先を予約する方法と料金を支払うタイミングについて詳しく説明していきます。

▼HomeAwayについて詳しくはコチラ
HomeAway(ホームアウェイ)がまるわかり!特徴や使い方、口コミ、料金体系は?

HomeAwayでの予約方法と料金を支払うタイミングについて見ていきましょう。

HomeAwayの予約について詳しく知ろう!

HomeAwayのホームページにアクセスし、理想の宿泊先が見つかれば予約をしてみましょう。
ただ、宿泊先を予約する方法には、ホストに宿泊したい旨を伝えるための「予約リクエスト」を行うのと、「今すぐ予約」するの二種類あります。ただ、あらかじめどちらの方法で予約をするかはホストが決めているので、その通りに進めてください。また、「事前承認」と「スペシャルオファー」といったものがあり、ホストから宿泊への誘いを受けるケースもあります。
それでは、予約方法について説明していきますね。

「予約リクエスト」送信で予約を確定する

リスティング情報ページから「予約をリクエスト」のボタンをクリックしましょう。予約リクエストを送る際には、お支払情報の入力が必要です。ここで、ホストに対して簡単な自己紹介をしておきましょう。自己紹介をしておくと、ホストはどのようなゲストがリクエストをしているのか分かるため、リクエストを承認してもらいやすくなります。自己紹介には、泊まる目的や人数、どうしてその宿泊先を選んだのかなど一言添えておくといいでしょう。ハウスルールやキャンセルポリシー、ゲスト返金ポリシーを確認し、合計金額に同意した後「リクエストを送信」をクリックします。ホストが承認すると予約が確定します。

「今すぐ予約」で予約を確定する

リスティング情報ページに出ている「今すぐ予約」のボタンをクリックしましょう。
ホストがリクエストの承認をするといったことがないので、ゲストは即座に予約を完了することができます。そして、「予約リクエスト」の時と同様に、お支払情報を入力し、ハウスルール・キャンセルポリシー・ゲスト返金ポリシー・合計金額に同意したら、「予約を確定」をクリックしましょう。予約が確定すると、旅程表と領収書が掲載された予約確認メールが届きます。

事前承認って?

前もってホストと連絡を取り、宿泊先の詳細などを質問した場合には、ホスト側から宿泊への誘いを受けることもあります。これを事前承認といいます。ホストから「事前承認」が送られてきた場合には、ホストはゲストを認証したのと同じ意味合いをもっています。そのため事前承認の場合にも今すぐ予約が可能です。

特別オファーって?

特別オファーは前もってホスト側に料金や詳細について質問した際、ホスト側からカスタム料金の詳細を提示した予約の誘いがくることです。特別オファーはホームページ上に記載されているのとは別の金額であり、予約したいゲストのための料金が設定されています。ただ、特別オファーに提示されている金額はゲストサービス料と税金が加算されていない場合があるので注意しましょう。

予約の注意点

今すぐ予約の場合であっても「予約を確定」のボタンをクリックするまでは予約が確定されていない状態です。また、事前承認や特別オファーの場合であってもホスト側からの誘いから制限時間内に予約をしないことにはリクエストが失効してしまいます。

承認前のキャンセルや変更

ホストから承認される前であれば予約リクエストのキャンセルや変更は可能です。この場合のキャンセルやリクエストにはサービス料金の請求は発生しません。

支払いのタイミングは?料金はいつ発生するの?

HomeAwayの料金の支払いはHomeAwayのシステムを通して行われますので、安全性が担保されています。支払いはクレジットカードまたはPaypalが利用できますが、料金が発生するタイミングと支払いのタイミングには違いがあります。

支払いのタイミング

ゲストが予約のリクエストを送信する際、支払い方法を入力する必要があります。しかし、この時点では課金はされず口座が有効であるのかといった点と、ゲストの支払い方法についての信用照会を行います。支払いはホストが予約リクエストを承認した時点で行います。

キャンセルした場合でも返金がある

民泊施設の予約をキャンセルをした場合には、キャンセルプランに基づいて支払った料金が返金される仕組みになっています。キャンセルプランは、「返金なし」「厳格」「厳しめ」「適度」「緩め」の5種類あります。各内容についてみていきましょう。

  • 「返金なし」…理由に関わらず一切返金なし。
  • 「厳格」…宿泊する60日以上前にキャンセルした場合は100%返金。
  • 「厳しめ」…宿泊する60日以上前にキャンセルした場合は100%返金。宿泊する30日以上前にキャンセルした場合は50%返金。
  • 「適度」…宿泊する30日以上前にキャンセルした場合は100%返金。宿泊する14日以上前にキャンセルした場合は50%返金。
  • 「緩め」…宿泊する14日以上前にキャンセルした場合は100%返金。宿泊する7日以上前にキャンセルした場合は50%返金。

せっかく予約したのにキャンセルしないといけないなんてこともあるので、予約する前にキャンセル規定を確認しておきましょう。

予約ステータスって?

HomeAwayで予約をすると予約の進行状況を示す「予約ステータス」が表示されます。もし予約をキャンセルした場合には予約ステータスが「キャンセル」に変わります。そのため、もしキャンセルをした場合にはキャンセルの処理が正しく行われているかどうかを確認しておきましょう。また、ホストに予約のリクエストをしている場合には「予約リクエスト」が表示され、ゲストに事前に問い合わせをしていてホストが宿泊への誘いを出している場合には「事前承認」や「スペシャルオファー」が表示されます。

予約リクエストが却下されたり期限切れになったりした時の対処法

ホストに予約をリクエストしても、予約が却下されることもあります。しかし、先ほども説明した通りリクエストを送信した時点では料金は発生しません。そのためリクエストが却下されたり期限切れで無効になってしまったりした場合にも料金は発生しないので安心してください。
ただ、ホスト側も制限時間内に承認できない場合も考えらえます。そのため、予約ステータスで予約が無効になってしまっている場合には、ホストに再度予約リクエストを送信してみるのがいいでしょう。また、何らかの理由でホストがすぐに承認できないという事態も想定し、予約リクエストを送る前にホストに空き情報などについて問い合わせてみるのもおすすめです。そういったリクエストを送ることで予約をしたい意思があることをアピールでき、ホストも時間の余裕を持った対応ができます。

予約の方法を知っておくと安心して利用できます

HomeAwayは、ホストに予約のリクエストを送りホストが承認すれば予約が確定するシステムです。料金を支払うタイミングやキャンセル料などにも細かい規定があるので知っておくのをおすすめします。HomeAwayの予約システムを詳しく知り、上手に旅を楽しみましょう。

HomeAwayで民泊施設を予約してみましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP