民泊JOY

HomeAway(ホームアウェイ)の料金システムは?ホストに直接払わない理由とは

海外では宿泊の定番になりつつある民泊。日本でもオリンピックに向けて需要が増加していくことや「民泊新法(住宅宿泊事業法)」の施行もあって注目されています。その民泊ブームの流れに火をつけたのは「Airbnb」ですが、HomeAwayも急成長中の民泊プラットフォームです。日本でもサービスを拡大中のHomeAwayの利用方法と利用のメリットをご紹介します。

▼HomeAwayについて詳しくはコチラ
HomeAway(ホームアウェイ)がまるわかり!特徴や使い方、口コミ、料金体系は?

予約と支払いはHomeAwayのプラットフォーム上で完結できる

HomeAwayの特徴は、オーナーが旅行などで部屋を使用しない期間に、旅行者に貸し出しするバケーションレンタルです。アメリカやヨーロッパでは多くの人が利用するサービスで、バケーションのシーズンなどに探してみると、そのような物件を多く見ることになります。そのため、家の空いている一室を貸すというよりも、一軒まるごと貸すという物件も多く、ファミリーやグループで利用しやすいものが多いというのも特徴の一つとなっています。

HomeAwayをよく利用する人は?

そんな背景もあって、バックパッカーが宿泊費を節約するために利用するというよりは、休日をゆっくり過ごすグループに人気のサービスとなっているようです。それでも、ホテルなどを利用するよりも一般的に料金は安く、ホストや地元の人達と交流できるという民泊のよさも併せ持つサービスなのです。日本でも2016年に支社ができ、利用者数も物件数も年々増えてきています。

支払いのタイミングは?

HomeAwayの利用方法は、予約から支払いまでサイト内で完結できます。
支払いは予約が完了した段階で発生します。支払いに必要な情報はHomeAwayが提供するプラットフォームに登録を行いますが、ホストに伝わることはありません。適切な情報管理で安全性を担保されています。

支払いは基本クレジットカードで

HomeAwayの支払い方法は、サイト上でのクレジットカード決済です。現在、VISA、Master、American Express、JCBに加え、Paypalも利用できます。日本からの利用者の多くはクレジットカードで支払うのだと思いますが、Paypalを利用できることで、それ以外の多様なオンラインでの決済方法に対応しています。ホストに送金が行われるのもチェックインから24時間後に設定されていて、ここでもなにか問題が生じた場合でも金銭トラブルが起きにくい仕組みにされています。「どうしても現金で!」という方には利用しにくいサービスかも知れませんが、トラブル回避のためにはオンライン決済の方が安全といえるでしょう。

金銭トラブルを回避して快適な旅行を!

HomeAwayホストと直接やり取りしない仕組みを取っているのは、利用者の保護のためだといえます。特に外国旅行では、言葉も通じない中でホストと直接金銭のやり取りをすることに不安を感じるという方も多いのではないでしょうか。民泊では現地では基本的にホストと利用者の一対一での取引になるので、トラブルが起きないとは言えないのは確かです。
そのため、HomeAwayは、直接金銭のやり取りをする部分を極力排除しようと考えているのです。その取り組みは、現地でのお金のやり取りだけでなく、事前に直接送金を行うことも禁止していて、サポートでも「もしホストから現金での送金や銀行振り込みなどの要求を受けた場合は、弊社までご連絡ください」と注意を促しています。

保証金が必要な場合も

ただ、ホストによっては保証金を求めている場合もあります。その場合はチェックイン時に現金で支払い、チェックアウト時に返却してもらうという手続きが取られます。このやり取りにHomeAwayは関わりませんが、保証金の額についてはサイト上に明示されているので、口コミなども参考にしながら保証金を支払ってもいいホストかどうか判断することが必要かもしれません。

金銭以外の交流は積極的に!

民泊の魅力は料金が安いこともありますが、なんといっても、現地のことをよく知るホストや地元の人達との交流です。ホテルや旅館に泊まる旅行もいいですが、地元の人達の声を直接聞いて、ガイドブックには載っていない魅力を味わうことができれば、旅行はもっと楽しくなります。ホストも、その名の通りホスピタリティに溢れた人が多く、聞けばいろいろなことを教えてくれるし、中には聞かなくても教えてくれる人もいます。そんなホストたちと気持ちよく交流したいものです。

人の繋がりが旅を数倍楽しく

実際に旅行をしてみると、ホストと気が合って飲みに行ったり、友達を紹介されて一緒に遊びに行ったりということが起きることもあります。旅行のあり方は年々変わってきており、旅行においてもそういった交流を求めている人が増えているようです。
しかし、金銭でトラブルが生じてしまうと、そういった交流もできなくなってしまいますし、そもそも旅行自体が楽しくなくなってしまいます。どこの民泊プラットフォームも金銭トラブルやプライバシーでの問題が生じないようにさまざまな対策をとっているので、どれが自分にあっているのかを判断して、楽しい旅行にしましょう。

民泊をうまく使うために

日本でも民泊が増えているので、国内旅行でも民泊を利用しようという人もこれからどんどん増えてくるでしょう。国内でも地元の人達と交流することで本当にいろいろな体験をすることができますし、そういう旅行を求める人が増えているようです。民泊というのは、そのようにして個人と個人が交流をするという点では非常に優れたシステムです。それをうまく利用するためにも、金銭などのトラブルが起きにくいシステムを使って安心して旅行ができるのが一番ではないでしょうか。
日本で民泊というと「違法民泊」という言葉がニュースで頻繁に登場したり、旅行者と地元の人達の間でトラブルがあったりとネガティブな話を聞くことがあるため、良くない印象を持つ方もいるでしょう。しかし、日本では民泊はまだ始まったばかりで、これから定着し誰もが安心して快適に使えるシステムが出来上がっていく途中にあります。
その過程をうまく進めていくためにも、日本に先駆けて民泊が普及している欧米のシステムをうまく使って行くことは重要です。
利用者としてはただ快適に安く旅行ができればいいわけですが、そんな背景も考えながら、民泊がどう良くなっていくか自分の目で見てやろうくらいの気持ちで使ってみるのも面白いかも知れません。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP