民泊JOY

Relux(Vacation Home)でいざ民泊!鍵はどのように受け取る?

民泊でよく使われる鍵の受け渡し方法とは

近年、一般の住宅や空き家、空きマンションなどを使った民泊がブームとなっています。

ホテルや旅館より安く泊まれる、自宅のようにくつろげる、観光地や目的地に近くて便利などの理由からニーズが高まっていますが、ホテルや旅館のようにフロント施設がないため、チェックインをどうするのか、鍵をどうやって受け取るかが問題となります。

これまでは、おもに民泊を提供するホストとゲストが待ち合わせて直接受け取るという方法がとられていますが、ほかにも宿泊先の郵便受けに入れておいたり、仲介業者や近所の方に預けておくなどのアナログな方法が利用されてきました。

しかし、これらの方法では鍵がスムーズに受け取れないばかりか、盗難のおそれがあったり近所の方の負担になるといった問題が生じます。

最近では、コンビニが民泊をサポートするサービスを提供していたり、民泊施設にスマートキーシステムなどを導入して、予約時に発行された暗証番号を入力すると開くといったシステムを導入するところも増えてきました。

鍵の受け渡し時に起きやすいトラブルについて知っておこう

民泊の鍵の受け渡しでは、たとえばホストから直接受け取る約束をしていたのにホストが待ち合わせに現れないとか、反対に宿泊者が約束の時間に間に合わず、お互いに受け渡しができなくなったりするケースがあります。

宿泊者は慣れない土地で迷ったり、観光やショッピングに夢中になって時間に遅れてしまう傾向がある一方、ホスト側も副業として民泊を運営しているケースが多く、お互いの都合を合わせるのは意外に大変だったりするのです。

Relux(Vacation Home)ならチェックインもスムーズ

Relux(Vacation Home):リラックス(バケーション ホーム)では厳正な審査を通過した高水準な宿泊施設しか掲載されていないため、必然的にホテルや旅館の登録が多くなっており、鍵の受け渡しでトラブルが起こる心配はほぼありません。

貸別荘タイプや町家タイプでも、合法的に届出された施設の中からRelux(Vacation Home)の基準をクリアしたところだけが選ばれており、通常はフロントサービスがある宿泊施設ばかりです。

そのため、鍵が受け取れないといったトラブルは通常発生しないでしょう。

ただし、宿泊施設ごとにチェックイン時間の制限があり、24時間体制のところや遅い時間のチェックインができるところばかりではありません。

早めの時間帯に施錠されたり、フロント窓口が終了する施設もあるので、その点は気を付けなくてはなりません。

もしチェックインの時間が遅くなりそうな場合には、レイトチェックインが可能な施設や24時間対応の施設を選ぶほか、予約を入れる前にコンシェルジュデスクや宿泊施設に直接連絡して事前相談しておきましょう。

Relux(Vacation Home)で民泊するなら鍵の受け渡しは事前にチェック!

民泊施設においては一般の方が民泊を運営されているケースも多いため、鍵の受け渡しがスムーズにいかないというトラブルも発生していますが、Relux(Vacation Home):リラックス(バケーション ホーム)においてはホテルや旅館、フロントサービス付きの貸別荘や町家が多く登録されていますので、初めてでも安心して利用できます。

ただし、チェックイン時間の制限がある施設もありますので、事前にかならず利用規約を確認しておきましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP