民泊JOY

こんな民泊は要注意!スペースマーケットで悪質な違法民泊を見分ける方法は?

旅先でホテルや旅館は高くて…。
急に宿泊先を決めないといけなくなったけど、直前で予約できない…。

こんな悩みが解決できる民泊。民家で使っていない空き部屋などに宿泊できるので、ホテルや旅館より安く直前の予約でも受け付けてもらえます。それだけでなく旅先で、あたかもお客ではなくそこで暮らしている住人のような感覚で宿泊したり、ホストに案内してもらう事で、観光だけではわからない住人目線での旅ができ、とても魅力的。

また各地に増え続ける空き家を有効利用し、地域復興につなげることで国全体の活性化を促せるので、 超高齢化社会で対策が急がれる日本にとっては希望の光です!

そんなメリットだらけの民泊ですが、残念ながらその収益性だけを狙って悪質な違法民泊が絶えないと、近年ニュースに取り上げられているのも事実。安全に民泊を楽しむには悪質な民泊とは何なのか?悪質な民泊を避けるにはどのようにすればいいのか?を知ることがかなり重要になってきます。

空きスペースを有効利用できる スペースマーケットでは、民泊もできるようになってその利用シーンの豊富さから注目を浴びています。

しかし、果たしてスペースマーケットでの民泊は安全なのか?と心配になる方もいらっしゃるでしょう。スペースマーケットで安全に民泊するには、どのような点に注意しながら物件を選べばいいのか…詳しくもわかりやすくまとめました。

STAY JAPANについて詳しくはコチラ
SPACE MARKET(スペースマーケット)がまるわかり!特徴や使い方、口コミ、料金体系は?

違法で悪質な民泊ってどういうもの?

便利で様々な可能性を秘めている民泊ですが、「違法」な民泊とは一体何なのでしょうか?実は、日本で民泊事業が始まった過程を知ると、より理解しやすくなるんです。

インバウンド増加の裏で増えてきた違法民泊

東京オリンピックの誘致やアベノミクスの影響から日本では年々、海外からの旅行客が増えて宿泊施設が足らなくなってきました。そこに世界最大の民泊サイト「Airbnb」が参入したことで、民泊運営する人が急激に増えてきました。

しかし問題はきちんとした法整備がされていなかったこと。

もちろん旅館業法に基づいて国や自治体に届け出を出している人もいますが、許可を得ていない「違法」な民泊業者が増え続け、かの最大手「Airbnb」では登録されている日本の物件の9割が違法とまで言われるほどになってしまいました(
ちなみに「Airbnb」では民泊新法の施行を受けて、日本の旅館業許可された物件以外は削除していくと言われています)

違法民泊の悪質性

違法な民泊業者は金儲けが目的ですから、運営方法も悪質。摘発を恐れて民泊サイト上でも特定されないように

  • 建物の内部写真だけを掲載したり、
  • ホストのアカウント画像がイラストだけだったり、
  • 海外の民泊サイトに登録して日本の規制をかいくぐったり

などとやりたい放題です。また、物件自体もそんな裏ルートを探り続けているホストが運営するので、ゲストにとっても近隣住宅や地域にとってもその物件は危険極まりありません。

…とは言いますが、実際に違法な民泊は一体何が危険なのか、よくわからない方もいらっしゃるでしょう。そこで、違法民泊の危険性についてわかりやすく解説していきたいと思います。

違法な民泊にはどんな危険があるの?

違法で悪質な民泊は、旅館業法による許可を得ておらず登録もされていないため、行政に認知されにくく監視の目が届きづらくなっています。そのため、きちんと管理されているのか?法律上問題はないか?といったことも取り締まりづらいのです。

違法民泊のずさんさ

そういった監視がされていない状況で、利益ばかり追求する悪質なホストは物件の管理や地域住民とのコミュニケーションもおろそかにしていることが多く、安全上で一番大事な鍵の取り扱いも適当だったりします。

鍵の取り扱いがずさんということは、その物件がセキュリティ面にとても問題があるということ。もしかしたら、利用前に関係のない誰かが勝手に入り込んでいたかもしれませんし、利用中に急に侵入してくるかもしれません。

またその他にも、ちょっと調べただけでこのような違法民泊での嫌な体験談が見つかりました。

  • 鍵が誰にでも開けられるようになっていた
  • 掃除がされていない
  • ある民泊を利用しようとしたら、どこからか視線を感じて怖くなった
  • リネン類が不潔(洗濯されていない)
  • 電気や水道が使えない(あるいは管理がずさんで火災などが起きやすい)
  • 覚えがないのに、法外な電気料金や水道料金を請求された

法的な許可や取り締まりも行われているホテルや旅館でさえ、宿泊部屋の密室で事件が起きていることをご存知だと思います。ならなおさら取り締まりづらく管理がずさんな違法民泊は、さらに犯罪の温床になりやすいのです。実際に、大阪の違法民泊で発見された凄惨な事件は記憶に新しいのではないでしょうか?

地域住民にも危険性が

こういった犯罪を呼びやすい違法民泊は、利用者にとって危険なだけでなく地域住民の安全・安心をも脅かしています。

  • 近隣の住宅に急にキーボックスが作られて、いつからかスーツケースをガラガラ引きずった外国人が往来するようになった…
  • 夜中に違法民泊の利用者がドンチャン騒ぎして眠れない・うるさい
  • ゴミの出し方がひどくなって不衛生になった
  • 我が子がスーツケースを引いた人に声をかけられた

また、安全だと思っていたオートロック式のマンションが、勝手に民泊に使われて誰でも入れるようになってしまった…といった相談も。

このように自分自身も危険にさらされ、嫌な思いをし、旅先の地域住民の迷惑にもなる違法民泊の利用は必ず避けたいものです。

違法で悪質な民泊を見分けるには

では、スペースマーケットで民泊を利用する場合、悪質な違法民泊を見分ける方法があるのでしょうか?

詳しく調査したところ、スペースマーケットの宿泊仲介サービス「 SPACEMARKET STAY」ではそもそも旅館業法の許可がない物件は宿泊所として掲載できないことがわかりました。つまり、違法民泊物件は元から「SPACEMARKET STAY」に登録できないので、掲載されている宿泊スペースは全て合法ということです。

そのためか、他の時間レンタルスペースやAirbnbから比べると、若干取り扱い件数の少なさは感じます。しかし全て合法で、しかも利用者のレビューやホストの返信率もわかるとなれば、かなり安心して利用することができますね。

スペースマーケットはもともと民泊仲介サービスではなく、空きスペースを時間レンタルや終日レンタルで貸し出せるプラットフォームとして運営されてきました。スペースマーケットが設立されたのはAirbnbが日本に参入したのと同じ2014年なのですが、民泊ではなく、お寺や球場、映画館や無人島など珍しいスペースを1時間単位でレンタルできる!という、全く違ったビジョンだったわけですね。

そして民泊について法整備がなされたあとに民泊事業に参入したので、「旅館業法上の許可ありき」で始めることができたのです。

スペースマーケットは違法民泊なし!安心して利用しよう

スペースマーケットの民泊サイト「SPACEMARKET STAY 」では、宿泊物件を登録する際に旅館業法の許可証を提出して審査されるので、違法民泊物件がなく全て合法です。

確かに民泊物件はまだ少ないですが、ホストにとっては民泊新法で180日以上宿泊させてはいけないという縛りがあるので、残りの期間を時間レンタルとして貸し出せるスペースマーケットの登録数は必ず伸びてくるはずです。

民泊新法は6月15日からの施行でまだ始まりの段階。まだまだこれから「SPACEMARKET STAY」の登録件数が増えていき、賑やかになっていくでしょう。
あなたも安全・安心で民泊を楽しみたいなら違法民泊ゼロスペースマーケットをぜひ利用してみませんか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP