民泊JOY

スペースマーケットで予約後、旅行までの準備や支払いのタイミングは?

古民家や民家の空き部屋だけでなく、球場や無人島まで…!日本中のありとあらゆるスペースを気軽に1時間から借りられるスペースマーケット。あなたはもう利用してみましたか?
スペースマーケットでは時間レンタル、終日レンタル、宿泊と3つの利用法があり、それぞれシチュエーションに合わせて簡単に検索や予約ができます。

しかしそんな臨機応変できるサービスだと、予約や支払いのタイミングなどが他の民泊サービスと違うのでは…?と心配になりませんか?

予約をしたらどのタイミングで予約完了になるのか?
どのタイミングで「宿が取れた」と安心できるのか?

また、予約がダメになる場合はどうすればいいのか?などについてわかりやすくまとめました。

▼スペースマーケットについて詳しくはコチラ
SPACE MARKET(スペースマーケット)がまるわかり!特徴や使い方、口コミ、料金体系は?

スペースマーケットで予約後の準備や支払いのタイミングなどについてみていきましょう。

予約完了のタイミング

スペースマーケットで気に入った物件を見つけたら、早速予約!…ですが、実は予約のリクエストを送信しただけでは予約完了になる場合と、ならない場合があります。

通常はホストの承認・否認を待つ

もしプランに「今すぐ予約可能」と書かれていない場合なら、リクエストを送るとホストが予約を「承認・否認」する期間が7日間設けられます。

そしてその期間内にもし、ホストが確認しないで期限切れになったり、予約リクエストが否認されたりすると、その場合は予約キャンセルになってしまいます。なので予約リクエストだけでは、せっかく「民泊先確保!」と思っても宿泊先が取れたことにはなりません。

また予約リクエストを送るとすぐに承認してくれるホストもいますが、 7日の間にメッセージでコミュニケーションをとるホストも多いです。もしメッセージがきているのに、知らずに放置していたら予約が否認されてしまう可能性があるので、定期的にログインして確認すると良いですね。

一番のおすすめは スマホに公式アプリをダウンロードしておくこと!メッセージが来たらLINEのような感覚でやりとりできるので便利です。

ホストが予約内容やゲスト情報を確認し、承認されれば予約完了となります。

「今すぐ予約OK」なら即予約完了

ただし、もし気に入ったスペースのプランに「今すぐ予約OK」と書かれていたら、予約リクエストを送信した段階で承認・支払いが行われ、即予約完了になります。

すぐにスペースを確保しなければならなくてホストの承認を待っていられない!という場合は、この即予約完了できるプランがおすすめ。

こういったプランがあるスペースを探すには、民泊サービス「SPACEMARKET STAY」での検索時に、「予約オプション」にある「今すぐ予約可能なプランあり」にチェックを入れて検索しましょう。

料金が発生するタイミング、支払いのタイミング

では、予約で決済が行われるタイミングは予約リクエストの時でしょうか?それとも完了後でしょうか?
これはゲストであるあなたが個人なのか、法人なのかによって変わってきます。

個人アカウントの場合

個人の場合は、支払い方法が以下の先払いのみになります。

  • クレジットカード
  • デビッド・プリペイドなど各種カード
  • GooglePay(Androidのみ)

そして予約する前に決済情報を入力しておき、その後にリクエストを送るので、ホストが「承認」したと同時に決済が行われ、予約完了となります。

法人アカウントの場合

法人の場合は、先ほどの 先払い方法+(プラス)後払いの銀行振込のどれかから選択できます。

クレジットカードなどを選んだ場合は、支払いのタイミングが個人アカウントと同じですが、後払いの銀行振込を選んだ場合は条件が違ってきます。

銀行振込の場合、スペースを利用した日から一週間後に料金が確定し、請求書が届きます。そして請求書に記載された日にちまでに銀行振込を行います。

個人と法人を比べると、法人の方が後払いで便利だと思われるかもしれませんね。しかし、後払いはスペース利用料金の3%が「後払い手数料」として加算されるので、個人・法人どちらからも利用できる場合は、その点に留意しましょう。

キャンセル料のタイミングは、個人も法人も同じ

個人でも法人でも、予約リクエストを送って承認されるまでは予約ができていない状態なので、支払いも行われておらずキャンセル料がかかりません。宿泊プランの変更も、ホストに確認なしで編集することができます。

しかし、ホストが承認した後はキャンセル料がかかり、プランの変更もホストに確認しなければならないので注意が必要です。またホストが承認した後のキャンセルは、すでに決済が行われた後になるので差額が発生したら払戻されるのに時間を要します。

「今すぐ予約OK」プランは、即キャンセル料発生

もし 「今すぐ予約OK」と書かれているプランを予約リクエストしたら、即座に承認されて決済されるので、キャンセルすると即キャンセル料かかかります。

「今晩の宿泊先をすぐに予約したい!」という場合などは即決でもいいですが、「利用日までに日数があり、変更の可能性が無きにしも非らず…」という可能性があるなら注意した方が良さそうです。

予約ステータスの意味


自分の予約が、ホストの承認待ちなのか?予約完了なのか?または否認されたのか?を知るには、「予約ステータス」を確認すると便利です。

予約ステータスを確認するなら、予約詳細ページに移りましょう。

  • 1.ログインして右上のアカウントアイコンをクリック
  • 2.「予約管理」をクリック

そうると予約一覧が表示されるので、チェックしたい予約の右上を確認します。

  • 承認待ちなら→リクエスト中
  • 承認されたら→予約完了
  • 否認されたら→否認
  • キャンセル完了したら→キャンセル
  • キャンセル料確定なら→払い戻し
  • 問い合わせ中なら→お問い合わせ

というステータスが表示されます。

また、ホストが「お問い合わせ」を「予約リクエスト」に変更したら、ステータスは「支払い確認中」となります。

予約リクエストが却下・期限切れになったら


もし、せっかく予約したけど予約リクエストが否認されたり、返答がなく期限切れになった場合、どうしたらよいのでしょうか?

どちらの場合も、予約リクエストが取り消しになり同じスペースか違うスペースに再予約する必要があります。再予約時に参考にしたいのは、予約リクエストの否認と期限切れの理由が違う場合があるということです。

予約リクエストを否認された

予約リクエストを否認された場合、このような理由が考えられます。

  • ゲストが未成年だった
  • ホスト側の事情で承認できなかった
  • ホストがゲスト情報をみた結果、否認に至った

もし、ホスト側の日程が合わなくて否認になった場合は日程を変えて再予約すればいいですが、ゲスト情報によって否認された場合は、再予約がまた否認になる可能性があります。その場合は潔く違うスペースを選ぶ方がよいでしょう。

応答がなく、期限切れになった場合

もしメッセージでやり取りをしていて、お互いが承知の上で期限切れとなった場合は良いですが、何も応答なく期限切れになったら、そのスペース利用について少し考える必要があるかもしれません。

ホストも一般人なので様々な事情があるとは思いますが、7日間の期限でメッセージなどのやり取りがない場合、スペース登録だけはしてあるが実態は運営していない可能性もあります。
そういったスペースに再予約をかけてもし承認されたとしても、後々利用時にトラブルが発生するかもしれません。

もし問い合わせても何も返事がないなら、他のスペースを探し直した方が懸命です。

予約完了してから旅行の準備をしよう!

旅行の日程も考えた。
予算も確保した。
スペースマーケットに予約リクエストを入れた。

さあ旅行準備開始!

…と慌てる前に、スペースマーケットで自分が予約したスペースのプランが「今すぐ予約OK」なのかどうか、まずは確認してみましょう。

そしてステータスが「予約完了」になっているか、ホストからメッセージが来ていないかの確認が取れて、全てOKなら一安心。

宿泊先は確保できているので、これで旅行準備を初めても大丈夫ですね。利用日までは何が起こるかわからないので、ホストに疑問点を質問するなどしっかりコミュニケーションを持ちながら、事前準備をしていきましょう。

スペースマーケットから予約してみませんか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP