民泊JOY

TATERU bnbなら安心して民泊ができる理由を知りたい

ユーザーが民泊を利用するときに心配に思うこととは

民泊を利用する際に気になる点としては、きちんと清掃された清潔な部屋であるのか、たくさんの荷物を持ち込まなくてもいいように最低限のアメニティや自炊できる用品が整っているか、車で行く場合には駐車場があるのかといった点が挙げられます。中でもカギの受け渡しは一番のポイントになり、それだけにトラブルも少なくありません。

ホストが民泊施設とは別の場所に住んでいる場合、受け渡し方法は「待ち合わせて受け取る」「ユーザーだけに暗証番号を教える」などが一般的ですが、何らかの事情でホストが待ち合わせに現れなかったり、ユーザーが約束した時間に間に合わず無断キャンセル扱いとなってチェックインできなかったというケースもあるので注意が必要です。

TATERU bnbを安心して利用できる理由

「TATERU bnb(タテルビーアンドビー)」の民泊施設には、一般的なホストの空き家や空き室を利用した運用法とは異なる特徴があります。民泊運用による投資を始めたい方、つまりホストになりたい方が「TATERU bnb」に相談をして宿泊に向いている物件を紹介してもらい、管理運用もすべて「TATERU bnb」に委託します

「TATERU bnb」では民泊施設の近くにスタッフを配置してカギの受け渡しなどのチェックイン業務と支払い業務を担わせ、チェックアウト後にはプロの清掃業者に清掃を依頼するという運用の仕組みが整っていますので、清掃も行き届いています。カギの受け渡しにはチェックイン時間の制約がありますが、それに間に合う限りは比較的スムーズです。

トラブルに巻き込まれないために民泊利用時にユーザーが注意すべきこと

「TATERU bnb」の民泊施設は、チェックインするための事務所が別に用意されていることが多く、実際に宿泊する施設とは少し離れていることも少なくないため、場所が分かりにくいと不満を持つユーザーもいます。事前に民泊施設とチェックイン場所の両方の位置を確認し、スムーズに辿り着けるよう事務所に問い合わせするなど、ルートや交通手段を確認しておきましょう

また、「TATERU bnb」のチェックイン時間は決められており、ユーザーが予め申し出た時間に遅れた場合はチェックインができなくなるリスクがあります。チェックイン時間を予約前に確認し、その日のスケジュールとして間に合うかどうかを判断してから予約を入れるようにしましょう。
当日にどうしても遅れそうな場合にはすぐに電話で相談するなどの対応を心がけ、予約したからといって油断しないように気を付けてください。

「TATERU bnb」はあくまでも民泊なので、ホテルや旅館のようにアメニティが豊富にそろっているわけではありません。歯ブラシとタオル程度は用意されている場合もありますが、宿泊後の清掃は行われてもベッドメイキングなどのおもてなしサービスは求めないのが基本です。

まとめ

「TATERU bnb」はホストに代わって民泊の運用管理を代行しているので、宿泊施設運営のノウハウがない一般個人が運用する民泊に比べて安心感があります。チェックイン業務を取り扱うフロントデスクが用意され、宿泊後には清掃業者による清掃が行われるので、快適な状態で利用できます。ただしチェックイン時間に制約があるので、カギの受け渡しに遅れないように注意しましょう

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP