民泊JOY

不安があればすぐに問い合わせよう!多彩な旅行サイトで予約できるTATERU bnbの問い合わせ方法は?

ホストや運営と連絡を取り合う重要性とは

「TATERU bnb」の民泊アパートメントでは、ほとんどの民泊施設でチェックインする場所と時間が決められており、実際に宿泊する建物から離れた「チェックインセンター」で鍵の受け渡しや身分証明が行われます。 スタッフが常駐していないため事前にチェックインできる時間を連絡するのがルールで、時間内にチェックインができない場合は当日中の宿泊ができなくなることもあるので注意しましょう。当日のチェックイン時間に遅れそうな時には早めに現地スタッフに相談できるよう、確実に連絡を取れるよう準備しておくことが大切です。

連絡方法を確認しておこう

「TATERU bnb」では、それぞれの民泊アパートメントごとにチェックインセンターの住所や電話番号、FAX番号などの情報が公開されています。かならず控えを取って、いつでも連絡が取れるようにしておきましょう。チェックインセンターの営業時間は18時までが基本となっているので、確認したいことや相談したいことがある場合には時間にも気を付けてください。 チェックインが済むと、宿泊者は端末を通じて24時間多言語対応ができるオリジナルのナビゲーション端末「TRIP PHONE」を無料で借りることができます。民泊周辺のおすすめ飲食店ガイドやレストランの予約、近隣の公共交通機関の案内やタクシーの手配なども端末を通じて行える「トリップ・コンシェルジュ」のサービスを利用できるので、外国人の滞在にも安心です。

事前に確認しておくべきポイントとは

では、宿泊前や予約をする前に確認しておきたいポイントはあるのでしょうか。まずはスムーズな宿泊ができるよう、チェックイン時間の確認とカギの受取り方法や方式、開け方などを確認することが大切です。チェックインセンターの場所の確認と行き方なども確認しておきましょう。住所は案内されていますが、初めての土地では迷ってしまうことも考えられます。 訪れる観光スポットが既に決まっている場合には、その場所からスムーズに辿り着ける交通機関の路線や、乗り換えなども教えてもらっておくと安心です

こんなことも聞いておくと安心

滞在中は「TRIP PHONE」をレンタルできるので、周辺の環境や交通手段の案内などについては自分たちで確認が可能ですが、滞在する民泊で自炊をする予定がある場合にはどのような設備があり、アメニティが揃っているかなどをより詳しく聞いておくと、無駄な荷物が減って便利です。

まとめ

「TATERU bnb」の民泊アパートメントでは、多くの場合チェックイン時間の制限があるので、事前にチェックイン時間の打ち合わせやチェックインセンターまでのルートなどをよく確認しておくことが大切です。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP