民泊JOY

TATERU bnbって実際どうなの?民泊する前にユーザーの口コミをチェック!

民泊やTATERU bnbが不安に感じる理由とは?

民泊は一般個人の方が使っていない部屋や空き家などを貸しているケースも多く、設備が古かったり清掃が行き届いていなかったりするケースも散見されます。前の利用者が使ったままの状態でゴミが残されていたり、シーツやタオルなどが洗濯されていないといった管理不足のところも稀にあるため、不安に感じる方も少なくありません。

また、鍵の受け渡しでホストとスムーズに会えなかったり、カードキーの使い方が分からなかったりと、チェックインや入室時のトラブルも少なくないことから、泊まる前に心配になる方も多いことでしょう。

この点、「TATERU bnb」の民泊施設はホストが「TATERU bnb」のコンサルティングに基づいて物件を建築したり、物件を購入したうえで運用を委託するシステムになっていますので、カギの受け渡しは民泊施設の近くに設けられたチェックインカウンターで確実に行われます。気になる清掃に関しても、ゲストのチェックアウト後に専門業者が介入するため安心です。

実際の口コミを事前にチェック!

専門会社への民泊運用委託により、宿泊施設運営ノウハウがない個人運用の民泊よりも安心して使えるのが「TATERU bnb」の魅力です。2018年に運用がスタートしたばかりということもあり、口コミは良い評価もある反面、何かしら不満に感じる方もいるようです

また一般の民泊と異なり、チェックインカウンターが設けられていることから、ホテルや旅館のようなサービスを期待する方もいて、ミスマッチが起きているケースもあるようです。良い面、不満な面と両方のレビューを挙げている方も多いので、実際に宿泊した方のレビューで確認をしていきましょう。

たとえば、「施設が新しくキッチン・お風呂だけではなく洗濯機があり浴室乾燥機がついているのが良かったです。滞在中とても快適に過ごせました。」という満足点がある一方で、「鍵の受け渡し場所と宿泊先が離れているところ。できれば徒歩10分以内希望」という口コミをされている方がいます。

これに対する、TATERU bnbからのコメントとして、「徒歩10分圏内にも別の民泊があったのに紹介できなかったのは案内不足でした」という反省の弁が述べられています

また、別の方は「鍵の受け渡し場所を探すのに苦労した。スマホのようなものが電子キーになっていて、これでネットができたり、周辺情報をゲットできたりして良い一方、操作の説明を受けるのに時間がかかった。」と、やはりチェックインカウンターが離れていることとカギの使い方で不満な方が多いようです

「駐車場がなかったのが残念でした。」という口コミもありますが、これについては宿泊料金を抑えるために、専用駐車場を設けていないとのことです。

「設備が新しくて快適。」との口コミや、「子供が二段ベッドを喜んでくれて泊まって良かった。ロフトで寝たのは初めての体験で大人も楽しめた。」といった満足の口コミがある中、「ところどころ髪の毛か着いていたり落ちていた。部屋着が欲しい。蚊がいた。シーツかカバーか分からない。ベットの組み立てがわからなかった。ベットの階段が不安定」などの不満の声もありました。

アメニティについての不満も多いですが、「TATERU bnb」では宿泊料金を安く提供するためにアメニティはタオルと歯ブラシ類のみで、ベットメイクもセルフサービスになっています。民泊と一般的なホテルを混同しないようにしましょう。清掃業者については業者のミスのようで、改善がなされたもようです。

悪質な民泊を避けるにはレビューを参考に

「TATERU bnb」の民泊施設は、ホスト委託型で物件も新築やリノベーション設備の新しさなどが好評です。ただし一般の民泊施設とは異なり、チェックインカウンターがあることでかえって不便に感じられる方も少なくありません。

また、清掃はされてもベットメイクはなく、アメニティなども最低限となっているので、事前にレビューをはじめ、施設の詳細情報を細かく確認して、何が揃っていて何がないのか、何処まで施設側がしてくれるのかを納得してから予約するようにしましょう

まとめ

「TATERU bnb」はホストが運用を委託するタイプで、いわば民泊と貸別荘などの中間形態のような位置づけです。設備が新しく快適性もある反面、チェックインシステムが不便、料金が安いだけにアメニティなどの不満を覚える方も少なくありません。事前に口コミと施設の詳細情報をしっかりチェックして、納得してから予約を入れましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP