民泊JOY

民泊するならTATERU bnb!オススメできる3つの魅力とは?

TATERU bnbはどんな民泊サービスなの?

「TATERU bnb(タテル ビーアンドビー)」はアプリを使って簡単にIoT民泊を運用できるサービスです。

民泊運用をしたいけれど管理が面倒だと思っている物件オーナーや、これから物件を探して民泊事業を始めたいというビジネスユーザーをトータルでサポートしており、運営の一環として民泊をゲストとして利用したい方とのマッチングも行っています。

TATERU bnbでは、民泊事業を始めたいユーザーがアプリで民泊物件に最適な土地情報や建物を探せるほか、専任のコンサルタントから民泊マーケットに関するアドバイスなど、チャットを使ったコンサルティングが受けられます

さらに、民泊利用者とのマッチングや、宿泊を自動でサポートするスマートサービスも開発・提供しています。

TATERU bnb特徴とユーザーからみた魅力の3つをご紹介

TATERU bnbに会員登録した民泊オーナーや事業者は、あらゆる業務を無人化する「IoT(アイオーティー:Internet of Things)」システムを活用することで民泊運用のコストを抑え、運用業務の合理化や効率化を図ることができます。

一方、民泊を利用したいユーザーにとっては、IoTサービスによるスマートで便利な機能を利用ができるのが魅力です。

たとえば、TATERU bnbに登録されている民泊施設では4つの方法で解除できる「スマートキー機能」をはじめ、宿泊者情報の取得やタブレットでのチェックインも可能な「スマートチェックインパッド」が利用できることや、宿泊者には民泊施設の周辺情報や観光情報などを取得できる「TRIP PHONE(トリップフォン)」も提供されます。

民泊オーナーはMAPの利用履歴やチャット機能などのデータをチェックすることで宿泊者のニーズをキャッチアップし、より安心で満足度の高い民泊サービスを提供できるなど、宿泊者にとってもメリットが生まれます。

ユーザーの魅力① スマートキー

TATERU bnbの民泊施設では、IoTデバイスを使ってスムーズに民泊に宿泊できます。

「スマートキー」とは、アプリや予約時に発行されたキーナンバーを使ってスマホやカードキー、NFC、テンキー、リアルキーの4つの方法で解錠できるシステムで、カギの受け渡しなどの面倒な手間を省くことが可能となります。

ユーザーの魅力② 多言語対応

宿泊を予約をしたゲストは、民泊施設内に設置されている「CHECK-IN PAD」からチェックインできます。

CHECK-IN PADは日本語や英語、中国語に韓国語に対応しているので、外国人ゲストでも不自由を感じることはありません。

また、施設利用者の宿泊者台帳として利用されるほか、パスワード情報の取得やキー発行、本人認証機能といった民泊を利用するうえで必要となるチェックイン機能を非対面でスマートにこなせます。

ユーザー魅力③ TRIP PHONEの無料貸し出し

TATERU bnbの民泊に宿泊すると、滞在期間中は無料で「TRIP PHONE」を利用できます。

初めての場所でも安心して行動できるようトリップ・コンシェルジュによるチャットサービスが受けられるIoTデバイスで、タクシー予約や交通機関の案内など、滞在中に生じるニーズやトラブルに24時間・多言語対応で応えてくれるシステムです。

民泊施設周辺のおすすめ飲食店の案内が受けられるだけでなく、その場で予約を入れられるなど、安心のコンシェルジュサポートのもとで快適で安心の旅行や観光ができる点もTATERU bnbの民泊を利用する大きな魅力といえるでしょう。

快適に民泊ができるTATERU bnbを利用しよう!

TATERU bnbは、最先端のIoTデバイスを活用することでスムーズかつ快適に民泊利用ができるサービスです。

非対面でも気軽にできるスマートキーを使った解錠や、CHECK-IN PADを使ったチェックイン手続き、無料でレンタルできるTRIP PHONEを使った24時間体制のチャットサポートが受けられます。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
PAGE TOP